1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 悲観的で将来の希望なし。消えたいほど辛い…それってうつ病かも

悲観的で将来の希望なし。消えたいほど辛い…それってうつ病かも

以前からある病気ではありましたが、ここ数年で耳にする事が増えた病気の一つが「うつ病」です。

うつ病は心の病気の一つで、近年のストレス社会の影響等で増加傾向にあるもの。
しかしこの言葉が一人歩きしているような面もあり、嫌な事や落ち込む事があるとすぐに「うつだ」とネタにする人もとても増えてしまいました。

うつ病の事を沢山の人に知ってもらうのは良いことではありますが、こうしたあまり良くない広がり方をしてしまうと、本当にうつ病で苦しんでいる人や、うつ病の恐れがある人の負担になりかねません。

うつ病は決して笑い事や馬鹿にしていいものではありません。油断すると心だけではなく、身体の健康にも影響が出てしまう恐ろしいものです。

なのでまずはうつ病の事をきちんと知る事を始めていきましょう。

Sponsored Link

うつ病とはどんな病気?

うつ病というのは、風邪のような菌やウイルスによって起こる病気とは違い、精神的な病気となります。
気分障害とも言われているので、なんとなく自分自身の問題と感じる方もいると思いますが、実際は気持ちの問題と言ってしまえる程簡単な病気ではありません。

うつ病が発症してしまう原因には、人間関係や環境の変化、ストレスや体の病気といったものが挙げられます。

しかし、うつ病が「どうして起こるのか」という根本的原因については現在もわかっていないというのが現状です。

とは言え発症するきっかけ自体は先程挙げたようにわかってはいるので、簡単ではありませんがある程度の対策や治療は可能となります。

またうつ病と一言で表しても、一般的なものから治療対象ではあるけどマイナーな「産後うつ病」や「冬季うつ病」といったものまであります。
2.体調も悪くなる?うつ病の症状とは

うつ病は精神的な病気と言いましたが、その症状はとにかく沢山あります。それこそ気持ちに関する症状から、体調や健康に影響が出るような肉体的な症状まで様々。今回は代表的な症状をいくつかピックアップして紹介していきますね。

心の症状

●気分が落ち込む
●集中出来ない
●今までしなかった小さなミスが多くなる
●好きだったことや身近な人との会話ややりとりすら楽しさを感じなくなるor面倒になる

体の症状

●眠れないor一日中ずっと寝てしまう
●食欲がないor食べ過ぎてしまう
●体が異常に疲れている
●月経や勃起障害
●頭痛
●胃痛
●息苦しい

といった症状が複数出る事が多いのがうつ病の症状の特徴です。特に今まで出来ていた事が上手く出来なくなったり、病院に行っても体調不良の原因がわからないという時は要注意です。

「うつ病チェック診断」

うつ病というのは、病院に掛かるまで自覚症状がないという人も多いです。最近ずっと体調がすっきりしなくて気が重い、なんて状態を放置してままでいて、知らずにうつ病が悪化してしまったという人も少なくありません。

特に真面目な人や周りの評価を気にしやすい人、気持ちの上がり下がりが激しい人はうつ病になりやすい傾向があるので、少しでも違和感を感じたら、一度うつ病チェック診断をやってみましょう。

診断自体はメンタルクリニック等に行くと行う事も出来ますが、忙しくて病院に行く時間がないという場合や、いきなり病院に行くのは気が引けるという場合は、今はネットでも簡単な診断が出来ますのでそちらを利用してみることをおすすめします。

仕事とうつ病には関係性がある?

近年、うつ病が発症しやすい原因の一つに仕事が挙げられます。それだけ職場の人間関係や労働状況が与える影響は大きいとも言えるのでしょう。

しかしそういった悪いところに目がいきやすい反面、実は仕事のおかげでうつ病に気づけたという事もあります。

例えば普段はミスをする事もなく仕事を行う事が出来ていたのに、最近では今までだと考えられないミスが増えてしまった場合。集中力が切れやすくなり、仕事が長引くことが多くなってしまった場合。

こういった症状に自分や周りが気づく事でうつ病が発覚したという例もあります。とは言え、うつ病だからといって仕事を簡単に休む事が出来ないというのは日本人に多い問題です。

最近では休職出来る制度も増えましたが、あまり良い顔されないのが現状ですよね。ですがうつ病はしっかりと休む事が大切です。休む勇気も自分を守るためには重要だと言うことを忘れないようにしましょう。

うつ病の治療ってどんなことをするの?

うつ病の治療は、原因や症状によってそれぞれ微妙に変わってきます。しかし基本的な治療は同じで、下記の3つが大まかな治療法です。

・しっかりとした休養
・薬の服用
・先生とのお話といった心理的治療

特に休養はうつ病にとって一番必要なものですが、うつ病の患者さんの多くは「休むことは悪いこと」という考えに囚われてしまい休養を下ろそがちにしがちですので、場合によっては入院という方法を取る事も可能とされています。

また薬での治療法というのは抗うつ薬と言う所謂精神安定剤を処方しての治療となります。これはその人の症状やその重さによって、薬の種類や量が変わってきますので、間違ってもネット等を利用して抗うつ薬を買うような事はしないで下さいね。

そして心理的治療というのは、休養や薬の治療と併用される事が多いのですが、定期的に通院して先生に話を聞いてもらうというもの。

怒られたりするような事はなく、しっかりと話を聞いてくれるので近状報告のような軽い気持ちで行う事が出来ます。

うつ病で入院をすることも?

うつ病は基本的には定期的に通院する形での治療となります。しかし重度の場合や、症状によっては入院をしての治療が必要な場合があるのです。

入院が必要だと判断される状態というのは、下記の4つの状態が挙げられます。

・自殺の可能性もしくは生命に関わる衰弱がある場合
・慢性化したうつ病
・薬での治療が難しい
・生活環境が休養場所に適していない

 

生命に関わる衰弱というのは、睡眠や食事が殆ど出来ない場合を指します。後は薬の副作用が起きてしまって治療が難しい場合や、仕事や家事をしなければいけないといった休養が出来ない環境という場合に入院での治療を勧められます。

また入院には「任意入院」と「強制入院」の二種類があり、それぞれ病棟や自由度が変わってきます。

うつ病治療に使う薬は危険?

うつ病の治療に使う薬、抗うつ薬はうつ病の治療の殆どの場合で処方されます。ドラマ等でも精神的な病気になってしまった人が薬を飲むシーンや、薬を沢山飲んで自殺しようとするシーンがあるので何となくイメージが付きやすい人も多いことでしょう。

だからこそ薬を飲むというのに抵抗を持つ人もいます。

「飲んだら弱い自分を認めることになる」「薬漬けになりそう」
そういった負のイメージが強く誤解されやすいのですが、実際は抗うつ薬というのはうつ病の治療には必須と言って良いくらい必要で大切なものです。

また現実的な話になってしまいますが、心の病気とは言え、うつ病というのは脳内の環境がバランスを崩してしまった状態という事ですので、抗うつ薬というのは脳内環境を整えるためのもの、と覚えておきましょう。

心という曖昧な実態のないものに効果がある薬というと微妙な気持ちになりますが、脳に効果がある薬というと治療の為の薬という事にも納得ができるでしょう。

なので、薬に対して抵抗があっても最初は勇気を出してみて下さい。その薬は今の辛い精神状態や体調を和らげるための味方になるのです。

うつ病の人との接し方がわからない

うつ病の人というのはとってもデリケートです。何気なく言った言葉が傷やトラウマになってしまったり、最悪自殺へ繋がる事もります。

なので接する方としても正直どうしたら良いのかわからず、結果的に面倒になって距離を置いてしまうという事も少なくありません。距離を置く事が良いこともありますが、大切な人になればなるほどそうはいきませんよね。

そこでうつ病の人との接し方としてポイントを2つご紹介します。

文句は言わない

まず絶対にしないでほしいのが、うつ病の事に対して文句を言うこと。「なぜ出来ないの」「いつになったら治るの」「うつは甘え」「弱い」こういった攻撃的な言葉は逆に相手を傷つけます。

うつ病は決してなりたくてなっているわけではありません。自分が一番早く治りたいと思っています。ではどうすれば良いのかというと、特別過剰に褒めたり合わせたりする必要はありません。

ただ話をしっかりと聞いて、ちょっとした事でもお礼を言ってあげて下さい。これはうつ病に関係なくとも嬉しいものですよね。自分の話をちゃんと聞いてくれている、感謝という形で認められている、とても大切です。

休養を取らせてあげる

後は休養を取らせてあげること。休養を取りやすい環境を作ると言ったほうが良いかもしれませんね。少しでも早く回復させるためにも少しだけ気配りを心掛けてみて下さい。休ませてあげるというのも大切な周りのサポートです。

まとめ

いかがでしたか?うつ病について本当に少しだけですがわかったと思います。それでも尚、うつ病の人を馬鹿にしたり冷たい言葉を言えますか?言えないのが普通でしょう。

うつ病というのは誰でもなる可能性のあるものです。どんなに明るく元気な人でもうつ病に悩まされる事になった人は沢山います。まさに明日は我が身とも言えますよね。

だからこそ少しでも良いので理解をしてみて下さい。否定や肯定ではなく、うつ病というものの原因や治し方、接し方を理解することが大切なのです。病気というと自分自身の戦いではありますが、うつ病の場合は周りの人の協力も得ながら治していくものなので、理解こそが最高のサポートと言えるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

女子力up編集部

女子力up編集部

女子力upは「史上最高の私になる」をモットーにした、女子のための応援メディア。美容、ダイエット、ファッション、健康、恋愛、ライフスタイルなど、雑誌感覚で気軽に読める役立つ情報を毎日配信しています。

あなたにおすすめの記事

  • 頭痛と吐き気で毎月憂鬱…ひどい生理痛を緩和する6つの方法とは?

  • 身長低くてもモデルになれる!読者モデルオーディション募集要項

  • 手足が冷たい…冷えは美容&健康の敵?冷え性を改善する8つの方法

  • 彼氏にドン引きされる前に!知っておきたいフェミニンゾーンのお手入れ方法

  • いびきの悩みを持つ女性が増えている?いびきを治す対策方法

  • 学術的に実証!今話題の高級はちみつ「マヌカハニー」の驚きの効果まとめ