1. TOP
  2. ファッション
  3. 顔タイプ別!あなたに似合うメガネの選び方は眉との角度にあり?

顔タイプ別!あなたに似合うメガネの選び方は眉との角度にあり?

視力の悪い人が増え、日常的にメガネを使用しているという人も増えてきました。最近ではおしゃれの一貫として、だてメガネを楽しむ人も多いですよね。

しかしメガネはたくさんの種類が販売されており、自分にはどんなメガネが似合うのか分からない…という人もいるでしょう。実は、メガネというのは顔の形や肌色によって似合うものが変わってくるのです。ここでは、顔の形や肌色によって似合うメガネの選び方についてご紹介します。

Sponsored Link

顔が大きい人のメガネの選び方

顔が大きいというのは、女性にとっては最大級のコンプレックスでもあります。ここ数年では小顔ブームも浸透し、小顔のほうがかわいいというイメージも定着しています。そんな中顔が大きいというのは、どうにかして「顔を小さく見せたい」と思うものでしょう。それは、メガネの選び方も同じです。

メガネの選び方を間違ってしまうと、余計に顔を大きく見せることにもなりかねません。コンプレックスを少しでも解消するために、メガネを選んでみましょう。

大きい顔の人は、たて幅のある直線的なデザインのメガネを選ぶといいですよ。色は断然、寒色系で決まりです。寒色系を選ぶと顔が引き締まって見えますので、顔立ちがすっきりと見えますよ。

小さい顔に似合うメガネは?

近年の小顔ブームもあり、多くの人が小顔に憧れています。実際、小顔の人も多くなりましたね。小さい顔に似合うメガネは、丸みを帯びたたて幅があまりないフレームのメガネです。小さめのフレームだと、小さい顔にもぴったりとなじみますよ。色は赤るめの淡い系の色がおすすめです。淡い色は膨張色なので避けがちですが、顔が小さい人なら違和感なく使えるでしょう。

今ではあまりいないと思いますが、もしも顔が小さいことが嫌だと感じているのなら、フレームの大きいメガネは避けたほうが無難です。フレームの大きさが強調されてしまい、顔が余計に小さく見えてしまいます。この効果を利用して、小顔に見せたい人はフレームの大きいメガネを選ぶといいでしょう。

面長の人に似合うメガネは?

顔がたてに長い面長の人には、どのような形のメガネが似合うのでしょうか。面長の人は、たて幅があり、丸みのあるデザインのメガネを選びましょう。このようなメガネを選ぶことで、コンプレックスである面長を打ち消すことができるんですよ。

面長の人は顔が長く見えることから、顔全体が長く大きくみえがちです。いい言い方をすれば大人っぽく見えるのですが、悪く言えば老けて見えるということでもあります。女性たるもの、やはり老けては見えたくないですよね。面長の人がスクエアタイプのメガネを選んでしまうと、余計に面長が強調されてしまうので気を付けましょう。

面長の人がメガネをするときは、どうしてもキツい印象を与えがちです。大人っぽい顔立ちであるからこその悩みでもありますね。メイクや髪型などを同時に考えていくことで、メガネをしても可愛らしい印象を与えられるようになりますよ。メガネは丸みのあるデザインを選ぶと言うことを覚えておいてくださいね。

丸顔の人に似合うメガネは?

面長の人とは対照的に、丸顔の人は子どもっぽく見られることが多いです。そのため、丸顔の人はたて幅の狭い細めのフレームのメガネを選びましょう。丸顔の人には細めのフレームメガネがよく似合います。

直線的な、シャープなスクエア型がいいですね。丸顔の人が丸みのあるメガネを選んでしまうと、より顔の丸さが際立ってしまいますよ。コンプレックスが浮き彫りになってしまっては、なんだか悲しいですよね。

顔の丸みをおさえるには、フレームの色は寒色系を選びましょう。暖色系のフレームは丸みを強調するので注意ですよ。また、ウェリントン型のメガネを丸顔の人が着用すると重たい印象を与えてしまいます。

三角顔の人に似合うメガネは?

三角顔の人は、似合うメガネを選ぶのも一苦労かもしれません。やはり顔の形が強調されてしまい、なかなか似合うメガネが見つからないという悩みがありますよね。

三角顔の人は、ウェリントン型のメガネは選ばないほうがいいでしょう。ウェリントン型というのは正方形に近い角形のメガネのことで、このタイプはフレームがやたらと目立ってしまい、メガネだけが浮いてしまうのです。三角顔の人が着用すると、どうにも違和感が出てしまいます。

三角顔の人が選ぶべきメガネは、小ぶりで細いフレームのオーバル型のメガネです。オーバル型は優しい卵形のメガネなので、三角顔特有のキツさをいい具合に打ち消してくれますよ。

四角い顔の人に似合うメガネは?

顔が四角いと、それだけでごつくてかわいい印象からはかけ離れてしまいます。女性として、やはり四角い顔というだけで強いコンプレックスを感じていることでしょう。そんな人がスクエアタイプのメガネを選んでしまうと、余計に顔がかくばって見えてしまうので気を付けましょう。四角い顔にコンプレックスのある人は、スクエアタイプのメガネは絶対に選んではいけません。

四角い顔の人は、やさしい卵形であるオーバル型のメガネがおすすめです。特に広い太めのフレームのメガネだと、四角くてきつめの顔がやさしい印象にかわります。色は好きなものでかまいませんが、シンプルなもののほうがしっくりと似合うと思います。

ビビッドカラーを選んでしまうとメガネにばかり視線がいってしまい、結果的に四角い顔が目立ってしまうということにもなりかねません。

似合うメガネは眉とフレームの角度が決め手?

メガネは顔の形によって似合うものが違うという話をしてきましたが、顔の形だけで似合うものが決まるわけではありません。メガネを選ぶときに、もっとも重要視してほしいポイントがあります。そのポイントとは、眉とメガネのフレームのラインを合わせるということです。

眉のラインは人それぞれ違います。そのラインとメガネのリムのトップラインを揃えると、メガネがナチュラルに馴染むんですよ。違和感のないメガネが選べる、といったところでしょうか。自分に似合うメガネというのは、やはり自然に馴染むことだと思うのです。メガネが自分の顔と一体化してしまっていれば、それはその人に似合っているといえるでしょう。

新しくメガネを選ぶときには、しっかりと鏡で眉のラインと合っているのか確かめてみてくださいね。

肌色によって似合うメガネは違う?

では最後に、生まれ持った肌の色によっても似合うメガネの選び方は変わってくるのです。ここで言うのは、メガネの形ではなくメガネのフレームの色の選び方になります。

明るいピンク系の肌色の人は、ホワイトやクリア、パールなどのさわやかな色のフレームがおすすめです。ハードなピンク系の肌色の人は、ブラックやグレー、ネイビーなどのはっきりした鮮やかな色のフレームがいいでしょう。

ソフトオークル系の肌色、すなわち平均よりも色白の人はアイボリーやイエロー、オレンジなどの明るめかつ淡い系の色がおすすめです。顔色をより明るく見せる効果があります。色黒系のハードオークルな肌色の人は、レッドやカーキといったビビッドカラーがとてもよく映えますよ。

メガネは好きな色を選ぶのももちろんいいのですが、自分の肌の色によって似合う色は違います。いわゆるパーソナルカラーですね。パーソナルカラーに合う色を選ぶだけで、顔色そのものをパッと明るく見せることができるでしょう。メガネを選ぶときは、肌色にも注目したいものですね。

まとめ

似合うメガネの選び方についてご紹介してきました。いかがでしたか?
顔の形や肌の色というのは、人それぞれ違います。それに合わせたメガネを選ぶことは、自分のことをよく知るための第一歩でもあるのです。ぜひ自分に似合うメガネを選び、今までよりも明るい毎日を過ごしてみませんか。

\ SNSでシェアしよう! /

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

女子力up編集部

女子力up編集部

女子力upは「史上最高の私になる」をモットーにした、女子のための応援メディア。美容、ダイエット、ファッション、健康、恋愛、ライフスタイルなど、雑誌感覚で気軽に読める役立つ情報を毎日配信しています。

あなたにおすすめの記事

  • 彼氏が惚れてしまう女性の理想の服装とは?男ウケのいいデートファッション

  • 女子力アップに!今すぐ身に付けたいパワーストーンの驚くべき効果とは?

  • ぽっちゃり女子がモテまくり?おしゃれファッションコーディネート術

  • ぽっちゃりに見えないマシュマロ系女子!細く見せる着やせコーデテク7選

  • モデルのようなおしゃれな女性になるには?ファッションセンスの磨き方8つ

  • ワンピースをオシャレに着こなす!コーディネートテクまとめ【季節別・年代別】