1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 医療事務員になるには?資格の取り方【女性の仕事図鑑】

医療事務員になるには?資格の取り方【女性の仕事図鑑】

女性に人気の職業の1つに、医療事務があります。それに伴い、医療事務の資格を取得したいと考える人も増えてきたように感じます。

ところで、医療事務とはどんな資格で、どんな職業なのかご存じでしょうか。ここでは、そんな人気の医療事務について、詳しくご紹介します。

Sponsored Link

医療事務とは?

医療事務、という言葉をよく聞くようになったのは、ここ数年でのことです。昔から医療事務というポジションはありましたが、ここまで注目されてはいませんでした。やはり、女性が仕事をするようになり、女性が働きやすいということで注目を集めているのだと思います。

医療事務というのは、医療機関における事務業務全般を担当する人のことをいいます。外来の受け付け、治療費の会計、カルテの管理、レセプトの作成などを行います。厚生労働省の定めた点数によって、医療費を計算していきます。これだけを見ると、黙々とパソコンと向かい合っているようなイメージがありますが、決してそんなことはありません。医療事務は事務業務だけでなく、患者さんとのコミュニケーションも大切になります。

医療事務は病院やクリニックの受け付けにいるわけですから、患者さんにとっては病院に来て一番最初に会う人です。そのため、事務業務だけでなく人と接する仕事であるといえるでしょう。病院に来る人はどこか体の調子が悪いわけです。そんな人へのさりげない気配りなども、医療事務には求められているのです。

また、医療事務は医療費の計算を行うことなど、専門性の高い仕事です。そのため、一度仕事をやめたあとブランクがあっても復帰しやすいというメリットがあります。女性に人気なのはこのためもあるのでしょう。女性は結婚や出産、子育てなどで一度仕事を離れることもあります。たとえ仕事をやめたとしても、再就職がしやすいというのは、医療事務のメリットだといえます。

医療事務の資格の取り方は?

医療事務として働くためには、必ずしも資格が必要だというわけではありません。資格を持っていなくても就職することはできますが、資格があるということは、すなわち医療事務に関しての知識があるということなので、即戦力として仕事をしてもらうことができます。そのため、多くの人が医療事務として働く前に資格の取得を試みるのです。

医療事務の資格を取るためには、通学することと独学があります。その上で、資格試験を受験するのです。一般的には、資格試験実施団体が運営している講座を受講し、学習して試験に臨みます。

医療事務の資格は国家資格ではなく民間の資格なので、民間団体が実施している資格も多く存在しています。社会人になってから医療事務の資格を取るのなら、通学コースか通信コースにて勉強するというのが一般的な資格取得までの流れになるでしょう。

医療事務の資格の種類とは?

医療事務の資格は国家資格ではなく民間資格であるため、名称は様々です。診療報酬請求業務をメインとするものが10種以上、調剤薬局事務や医療秘書などを合わせると、その数はなんと80種以上にもなるのだとか。ここでは、主に診療報酬請求業務をメインとする資格についてお話ししましょう。

・診療報酬請求事務能力認定試験
・医療事務実務士
・医療保険請求事務者
・医療事務管理士
・保険請求事務技能検定試験
・医療事務能力認定試験

などがあります。名称は違いますが、基本的な内容はどれも医療事務に関するものなので変わりません。

診療報酬請求事務能力認定試験は、この中で唯一の国家認定資格(国家資格ではありません)なので、取得しておけばそれだけ信頼も厚くなると思います。そのため、医療事務の資格の中でも一番人気があるんですよ。ただ、その分難易度は高めだといえます。

独学で医療事務の資格は取れる?

医療事務の資格を取るためには、通学せずに独学でという方法もあります。社会人などは仕事もありますから、独学を選ぶ人も多いです。

医療事務の資格試験は受験資格が不問のものもたくさんありますから、特別なことをしなくても受験できるものもたくさんあります。自分で本屋さんに行って、診療報酬点数早見表やレセプト作成についてのテキスト、そして電卓を用意しておけば勉強することは可能です。

ただ、どうしても独学では難しい部分もあると思います。よっぽどの理由がない限り、たとえ独学でもニチイやユーキャンなどの通信講座を利用するのがいいでしょう。平均勉強期間は数ヶ月であるものが多いです。

医療事務試験の難易度や合格率は?

医療事務の資格試験は、その試験によって難易度も合格率も異なります。もっとも難しいと言われている診療報酬請求事務能力認定試験は、合格率は30%ほどです。この数字は、他の医療事務資格試験と比べても圧倒的に低いといえます。やはり国家認定資格というだけのことはあるのでしょう。合格率が低いということは、それだけ難易度も高いということになります。

逆に合格率の高いものを紹介しますと、ニチイの講座を終了すると受験することができる医療事務技能審査試験は、1級も2級も合格率は60%を超えています。医療事務全般の知識が問われる試験なので、決して簡単だから合格率が高いということはありません。

通信教育のユーキャンでは、医療事務管理士技能認定試験というのを受けることができます。こちらも合格率は57%と、比較的高めです。

こうしてみると、医療事務の試験は思うほど簡単ではないということが分かると思います。やはり医療関係の資格というだけのことはありますね。しっかりと勉強をしてから試験に臨みましょう。

医療事務の仕事内容は難しいの?

医療事務はやはり医療関係ということもあり、難しいというイメージを持っている人も多いかもしれません。確かに、医療事務の仕事は覚えることが多いので、決して簡単なものではありません。大きな病院では、受け付け担当、会計担当などと分かれていることも多いのですが、クリニックや小さな病院の場合、一連の業務を一人でこなすことになるでしょう。

患者さんへの対応の一つ一つも大切ですし、クレームの対象となってしまうこともあります。病院の清掃や準備などの雑用も医療事務が行うというところもありますので、朝が早いところも多いです。ただ、医療事務は働き方を選べるというメリットもありますから、ある程度は融通が利くのかもしれません。

月末には大量のレセプト作成に追われます。資料を見ながら電卓を使ったりするわけですが、数字や計算が苦手だという人には難しいと感じることもあるでしょう。医療事務に限ってではありませんが、向き不向きがあることは事実です。

医療事務の仕事内容とは?

医療事務の仕事内容についてまとめてみましょう。医療機関での事務業務、そして雑用業務などが医療事務の仕事です。

窓口、カルテ、レセプト、会計などですね。月末はレセプトの作成があるため、もっとも忙しい時期です。保険証の確認ミスや小さな入力ミスなどによって、レセプトにエラーが出てしまうことも多いです。レセプトをきちんと提出することができないと、その病院は患者の自己負担分以外の部分(およそ7割)を支払い基金から支払ってもらえなくなってしまいます。レセプトというのは、保険証の支払い基金に対して治療費を請求するためのものなのです。

医療事務は正社員やパートなど働き方を選べることも魅力の1つなのですが、月末はよっぽどのことがない限り休むことはできないでしょう。

医療事務の年収はどのくらい?

では、医療事務の年収はどのくらいなのでしょうか。だいたいですが、医療事務の年収は250万円~350万円未満であることが多いです。個人のクリニックよりは、大学病院などのほうが、やはり年収は高い傾向にあります。

初任給を手取りにすると、10万円ちょっとといったところでしょうか。一人暮らしで生活するには、ちょっと厳しいかもしれませんね。ただ、医療事務は結婚をして子育てが一段落してからも働きやすい仕事です。将来的に共働きをと考える人にも、おすすめの資格・職業だといえそうです。

まとめ

医療事務員は結婚・出産後も続けやすいと人気の仕事です。この機会に資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

女子力up編集部

女子力up編集部

女子力upは「史上最高の私になる」をモットーにした、女子のための応援メディア。美容、ダイエット、ファッション、健康、恋愛、ライフスタイルなど、雑誌感覚で気軽に読める役立つ情報を毎日配信しています。

あなたにおすすめの記事

  • 一人暮らしの女子技!彼氏を招きたくなる部屋の作り方【模様替え】

  • 頑張る女子の必需品!リラックス効果抜群のアロマオイルの使い方

  • 女子力アップ間違いなし?大人女子に人気の習い事ランキング!

  • 片づけができる女性は好印象?掃除が苦手でも簡単にできる整理術のコツ

  • ビジネスや勉強にも欠かせない!女子力がアップする手帳活用術8つ

  • 調剤薬局事務員になるには?資格の取り方【女性の仕事図鑑】