1. TOP
  2. 健康
  3. 最近、頭痛がする理由とは?偏頭痛に困ったら試してほしいこと5つ

最近、頭痛がする理由とは?偏頭痛に困ったら試してほしいこと5つ

症状の重さは違えど、誰でも一度くらいは、頭が痛いなぁと感じたことはありますよね。軽い頭痛ならまだしも、動けないほどのひどい頭痛は本当につらいものです。なんとなくたかが頭痛と軽く考えられてしまいがちですが、重い頭痛はそんなかわいいものではありません。

今回は、頭痛の原因から治し方までをまとめてご紹介します。

Sponsored Link

あなたは「緊張型頭痛」「偏頭痛」どっち?

shutterstock_200124395

ここでは、頭痛の中でも最も多い「緊張型頭痛」と「偏頭痛」について、詳しくご紹介します。同じ頭痛ようなイメージがある両者ですが、実はまったくの別物なのですよ。

両方をあわせ持つ人も多いため、 同じものだというイメージがあるのかもしれませんね。

緊張型頭痛の特徴

・痛みが持続する
・毎日のように痛みがでる
・痛みは30分~7日間ほど続く
・痛みは全体的で、締め付けるような痛みである
・肩凝りが起こる
・ふわふわしためまいがある
・動くと楽になる

偏頭痛の特徴

・痛みの頻度は週に2日~1ヶ月に1度程度である
・痛みは4時間~72時間ほど続く
・痛むのは頭の片側のみであることが多い
・脈打つような強い痛みがある
・吐き気や嘔吐がある
・ひどいと寝込むほどつらい
・動くと悪化する

という特徴があります。

緊張型頭痛と偏頭痛の両方を持っている人は、これら2つの特徴をあわせ持った痛みが出ることになります。頭痛という点では同じ両者ですが、痛み方や原因などは異なります。今現在頭痛に悩んでいるという人は、まずは自分の頭痛が緊張型頭痛なのか、偏頭痛なのかを知ることから始めましょう。

偏頭痛の症状

shutterstock_256831636

偏頭痛という頭痛を知っていますか?おそらく言葉くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。偏頭痛は頭痛の一種で、脈打つような痛みが特徴です。もちろん症状はそれだけではありません。

偏頭痛の特徴

・目の前に稲妻が走る
・発作的に痛みがやってくる
・頭の片側が脈打つように痛む
といった『痛み』の症状の他、
・吐き気や嘔吐がある
・脱力感がある
・やる気が出ない

なども偏頭痛の症状としてあらわれます。偏頭痛は、頭痛だけではないのです。また、偏頭痛はストレスや緊張から解放されたときに起こりやすいと言われています。一般的な頭痛である緊張性頭痛との最大の違いは、吐き気や嘔吐があるかどうかです。

偏頭痛は吐き気や嘔吐を伴うことが多いのですが、緊張性頭痛では吐き気は起こりません。偏頭痛は、セロトニンという物質が大量に分泌されることが原因です。セロトニンは傷口の血液を固める作用があるので、血管を収縮させる働きがあります。

このときセロトニンが大量に分泌されていると、血管は必要以上に収縮してしまうのです。セロトニンはストレスを感じているときにも大量に分泌されると言われています。

セロトニンの分泌が落ち着くと、その反動で血管が膨張し、神経を圧迫するため頭痛が起こるのです。これが、偏頭痛のメカニズムです。激しい頭痛以外にも様々な症状を引き起こす偏頭痛は、本当につらいものです。自分の頭痛が偏頭痛によるものなのか、それとも緊張性頭痛なのかを知り、それぞれに合った対策をとることが大切なのです。

偏頭痛の原因とチェック方法

shutterstock_363225650

一般的に頭痛は、緊張性頭痛と偏頭痛に分けられます。何か特別な病気などが原因の頭痛でない場合、たいていはこの二つのどちらかが頭痛の原因とみて良いでしょう。

偏頭痛の原因は、傷口の血液を固める働きのあるセロトニンという物質が大量に分泌されてしまうことです。セロトニンが大量に分泌されると血管が必要以上に収縮・膨張し、神経を引っ張ってしまうため痛みが生じるのです。これが、偏頭痛の原因です。

いくつ当てはまりますか?

・月に一回~多くても週に二日ほど症状が出る
・脈打つような痛み方
・頭の片側だけが痛む
・日常生活が困難になる
・動けない、寝ていたい
・吐き気がある
・頭痛が始まる前に肩凝りなどがある
・痛みがあるときは何も出来ない

普段頭痛を感じている人で、偏頭痛なのか分からないという人は、上記の症状でいくつ当てはまるか考えてみてください。当てはまる項目が多いほど、偏頭痛である可能性が高いです。

一方緊張性頭痛は、締め付けるような痛みがあり、動いているほうが楽だという特徴があります。吐き気はなく、めまいがあることがあります。この二つの頭痛の最大の違いはこの点なので、分からないという人は吐き気とめまいのどちらがあるかに注目してみると良いかもしれません。

毎日頭痛がするのは「慢性緊張性頭痛」?

shutterstock_345961085

ここでは、頭痛の中でも毎日症状の出る、慢性緊張性頭痛についてご紹介します。慢性緊張性頭痛は、頭痛の中でもっとも多いと言われています。無理な姿勢や過度な緊張、ストレスなどが原因で起こります。

症状としては、締め付けるような痛みが続くこと、肩こりや首凝り、めまい、だるさがあります。一番の特徴は、これらの症状が毎日続くということです。一日であっても頭痛はつらいものなのに、それが毎日続くなんて考えただけでも嫌になりますよね。なぜこのような痛みが起こるのでしょうか。

慢性緊張性頭痛になる理由

理由はいろいろあるのですが、一番多いのは無理な姿勢によるものです。長時間のパソコンの使用や車の運転、合わないまくらの使用などによって、首から肩、背中の筋肉が緊張してしまうのです。すると血流が悪くなり乳酸やピルビン酸がたまっていきます。これが神経を圧迫することで、頭痛が起こるのです。

慢性緊張性頭痛の最も厄介なところは、原因が日常にあるというところです。パソコンや車の運転などは日常生活と切り離せないものですよね。原因が除去できないため、頭痛が毎日起こってしまうのです。少しでも症状を軽くするために、ストレスを上手に解消する方法や、筋肉をほぐすことを心がけていきましょう。些細なことですが、ゆっくりとお風呂に入って首や肩をマッサージするのが効果的です。

偏頭痛の治し方

shutterstock_410596855

偏頭痛は、10代から30代の女性に多く見られ、たくさんの人が経験しているものでもあります。こめかみあたりがガンガン痛みだし、その痛みは日常生活にも支障が出るほどだと言われています。激しい頭痛が始まったあとは肩凝りや首凝りがあったり、耐えがたいほどの吐き気が出たりします。

偏頭痛は、たかが頭痛という言葉では片付けられないほど厄介なものなのです。では、偏頭痛は治すことが出来るのでしょうか。偏頭痛の痛みが始まったら、痛む場所を冷やしましょう。偏頭痛は、脳の血管が広がるために痛みが起こります。ですから、冷やして広がった血管を縮めることはとても効果的なのです。

ゆっくりと冷やしてみよう

冷やすと脳の血管がおだやかになるので、ガンガン脈打つような痛みを抑えることが出来ますよ。ここでのポイントは、おだやかに冷やすということです。急激に冷やすとかえって痛みが悪化することもあるので、ゆっくり間隔をおきながら冷やしましょう。

氷や保冷剤を痛む場所に当て、数分経ったら一度離す、を繰り返すと良いと思います。偏頭痛の痛みは動けなくなるほど強いものですから、少しでも痛みが軽くなるのは良いですよね。もちろん、日頃から規則正しい生活をしたり、ストレスをためないようにすることはとても大切です。偏頭痛を予防する食べ物などを積極的に補うことも良いと思います。

偏頭痛を予防する食べ物

shutterstock_370429847

偏頭痛は、脈打つような痛みが突然起こるものです。吐き気を伴ったり寝込むほど強い痛みを伴うなど、偏頭痛はとてもつらいものです。そんな偏頭痛を予防する食べ物があることをご存じでしょうか。

偏頭痛を予防するために積極的に摂りたい栄養素は、「マグネシウム」と「ビタミンB2」の二つです。これらを積極的に摂ることで、偏頭痛の起こる頻度が減らせると言われているのです。偏頭痛の頻度は人によりますが、多い人では週に二日ほどあるそうです。

こんなに頻繁に偏頭痛が起こるのは本当につらいですし、出来ることなら頻度を減らしたいと思いますよね。

偏頭痛を予防できる食べ物

・納豆
・レバー
・うなぎ
・牛乳
・ヨーグルト
・ホウレン草
・大豆
・ゴマ
・アーモンド
・ヒジキ
・緑黄色野菜

偏頭痛で悩んでいる人は、ぜひ積極的に摂るようにしてみてください。一方、偏頭痛を悪化させる食べ物もあるので、そちらも併せてご紹介します。

偏頭痛を悪化させる食べ物は、主に血管拡張作用があるものとポリフェノールの多いものです。

・赤ワイン
・チョコレート
・オリーブオイル
・ハム
・サラミ
・チーズ

偏頭痛を悪化させないようにするために、これらの食品の摂りすぎには気を付けたいものですね。また、コーヒーは一日三杯くらいなら偏頭痛を予防する効果がありますが、飲み過ぎると逆に偏頭痛を悪化させてしまうので、気を付けましょう。

偏頭痛に効くツボは?

shutterstock_101092153

偏頭痛で悩んでいる人は多いです。偏頭痛は、緊張性頭痛に次いで多い頭痛なのです。どうして偏頭痛が起こるのかははっきりとは分かっていませんが、血管が膨張して神経を圧迫するためだと考えられています。つまり、血液の流れをスムーズにすれば、偏頭痛が起こる頻度を少なくすることが出来る、というわけです。

では、どのような方法があるのでしょうか。方法はいくつかあるのですが、その中のひとつ、偏頭痛に効果のあるツボをいくつかご紹介します。

・完骨(かんこつ)
耳の後ろ側にある骨の膨らみ(乳用突起)の下にあります。

・天容(てんよう)
『完骨』の少し下あたりにあります。

・瞳子りょう(どうしりょう)
頬骨の少し上、目尻の下あたりにあります。

・外関(がいかん)
腕の外側、手首の関節の真ん中から指二本分手前にずれたところにあります。

これらのツボは、どれも血液の流れを良くしたり、ストレスを軽減する働きがあります。偏頭痛が起こっているときにツボを刺激する余裕はないと思うので、日頃から偏頭痛に悩まされている人は日常的にツボを刺激する習慣をつけると良いかもしれません。ツボの刺激は、気持ちいいと思うくらいの強さで行います。

強く押せば効果が上がるわけではないので、力加減には気を付けてくださいね。そして、ツボの刺激はお風呂に入っているときなどリラックスしているときに行うと更に効果的です。ゆっくりとお風呂に入りながら、ツボを刺激してみてくださいね。

吐き気のある偏頭痛

shutterstock_340210601

偏頭痛は脈打つような強い痛みがあるだけでなく、吐き気を伴うことが多いです。その吐き気というのが、ちょっと気持ち悪いな、というようなレベルではなく、実際に嘔吐してしまうような激しい吐き気です。耐えがたいような強い吐き気で、二日酔いと同じようなレベルだと思っていてください。

偏頭痛でなぜ吐き気が起こるのかということは、残念ながらまだ分かっていません。偏頭痛と吐き気の関係については、まだ不明な点が多いのです。今現在でもっとも考えられていることは、偏頭痛によって皮筧拡延性抑制と呼ばれる、神経の抑制が行われるためだと言われています。

この神経の抑制が行われることで、顔面にある神経である三叉神経が炎症を起こします。すると痛みが悪化するだけでなく、痛みに過敏になってしまうのです。そのために二日酔いのような強い吐き気が出てしまう、というわけです。

吐き気止めは効果なし?

市販の吐き気止めでも多少の効果はありますが、実際に吐き気が出てから飲んでもあまり効果はありません。偏頭痛が始まると同時に吐き気止めを飲めば、吐き気を予防することが出来るかもしません。ただし、この方法は一時的なものでしかないので、やはり専門的な治療をする必要があるのだと思います。

偏頭痛で吐き気が出たとき、吐けるようなら吐いてしまってもかまいません。しかし、吐くという行為はとてもつらいものです。吐き気が出ないように、少しでも症状が軽くなるように、出来るだけ早く病院へ行くことをおすすめします。

偏頭痛対策グッズ「ずきしらずの実」とは?

shutterstock_324342278

偏頭痛の対策におすすめのサプリメントには、ずきしらずの実というものがあります。ずきしらずの実は、偏頭痛の症状が出てから対応するのではなく、偏頭痛にならないようにするという新しいタイプのサプリメントなのです。

偏頭痛が起きてから無理やり止めるわけではないので、すっきりできます。また、薬ではなく健康食品なので、自然で安心できる点も嬉しいですね。

ずきしらずの実の主成分は、「夏白菊(フィーバーフュー)」「にがり」「オオイタドリ」の三つです。夏白菊には体のリズムが激しくならないように整え、不快感を和らげる働きがあります。にがりは天然鉱物の塩化マグネシウムが豊富ですし、オオイタドリは重たい感じを軽減する効果があります。頻繁に頭痛の痛みに耐えているという人は、試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

shutterstock_199141433

いかがでしたか?毎日続く「慢性緊張性頭痛」や、吐き気を伴う「偏頭痛」は辛いものです。原因をチェックして、予防していきましょう。効果的なツボや冷やして治す方法などを参考にしてみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

女子力up編集部

女子力up編集部

女子力upは「史上最高の私になる」をモットーにした、女子のための応援メディア。美容、ダイエット、ファッション、健康、恋愛、ライフスタイルなど、雑誌感覚で気軽に読める役立つ情報を毎日配信しています。

あなたにおすすめの記事

  • 眼精疲労でデスクワークが辛い!目の疲れやかすみ目を解消する方法

  • 胸が痛いと思ったら要チェック!知っておきたい乳ガンの初期症状とは?

  • 学術的に実証!今話題の高級はちみつ「マヌカハニー」の驚きの効果まとめ

  • 疲れが取れなくて体が重い…仕事疲れもふっとぶ疲労回復方法9つ

  • 今すぐ癒されたい人必見!おすすめのリラクゼーションセラピー8選

  • 眠くならない方法教えて!日中の眠気を簡単に解消する方法とは?