1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. ファイナンシャルプランナーになるには?2級、3級資格の難易度

ファイナンシャルプランナーになるには?2級、3級資格の難易度

世の中にはたくさんの資格があります。それこそ、星の数ほども資格は存在するでしょう。もちろん難しいものから比較的簡単なものまで、資格の種類は様々です。
ここでは、そんな数多くの資格の中から、ファイナンシャルプランナーという資格についてご紹介します。

Sponsored Link

ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナーという資格について、ご存知でしょうか。なんとなく聞いたことはあるとしても、詳しくは分からないという人が多いかもしれませんね。なんとなくカタカナの資格は専門知識を要するようなイメージもあり、懸念しがちでもあります。

確かにファイナンシャルプランナーも専門知識を要する資格ではありますが、実生活でも活かすことのできる資格なんですよ。

ファイナンシャルプランナーは、資産についてのデータを収集・分析し、人生設計や財産形成の立案(=ファイナンシャル・プランニング)、アドバイスなどを行う専門家のことをいいます。なんだか難しい感じがしますが、簡単に言うなら家計のホームドクターといったところでしょうか。節約、税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続などお金に関わるエキスパートがファイナンシャルプランナーです。

たとえば
「結婚したら保険に入るべき?」
「子供を1人大学に行かすまでにはいくらくらいかかるの?」
「老後のためにはどのくらい貯めておけばいいの?」

といった疑問に対し、専門的な視点からアドバイスが行えるのがファイナンシャルプランナーというわけです。そのためには、もちろんお金に対する専門的な知識は身に付ける必要があります。ファイナンシャルプランナーの知識は生活に密着したものも多く、仕事として活かす以外にも使い道がたくさんある資格と言えます。

ファイナンシャルプランナーの資格の種類とは?

実は、ファイナンシャルプランナーの資格にはいくつかの種類があります。

NPO法人や日本ファイナンシャルプランナー(FP)協会認定のAFP資格、CEP資格(上級資格)のほか、国家検定ファイナンシャルプランナー技能士の資格が3級~1級まであります。仕事に活かすための資格がほしい人や、ファイナンシャルプランナーに対してまったくの初心者だという人は、ファイナンシャルプランナー技能士を目指すことをおすすめします。

特にファイナンシャルプランナー技能士3級は誰でも受験することができますので、実務経験のない人にもおすすめですよ。

ファイナンシャルプランナー3級とは?

ファイナンシャルプランナーの知識を身に付けたい、ファイナンシャルプランナーの資格が欲しいという人が最初に取るべき資格が、このファイナンシャルプランナー3級でしょう。ファイナンシャルプランナー3級の資格は、日本FP協会が行っているものと、金融財政事情研究会(=きんざい)が行っているものとがあります。どちらを受験しても同じです。

試験は学科と実技があり、6割以上を取れば全員合格となります。実技についてですが、ファイナンシャルプランナーとしての実践的な知識が求められています。日本FP協会の試験では資産設計提案業務がテーマになっていますが、きんざいでは4つのテーマの中から好きなものを1つ選択することができます。

実務経験がなくても受験することは可能なので、学生や主婦でも勉強をすれば資格を取ることができるでしょう。

ファイナンシャルプランナー3級の難易度と合格率はどのくらい?

ファイナンシャルプランナーの資格が欲しいなと思っても、あまりにも難易度が高く合格率が低いとなると、挑戦することをためらってしまいます。ファイナンシャルプランナー3級の資格は、正直いって入門者レベルのやさしい試験です。まったくの初心者でも、きちんと勉強をすれば十分に合格することは可能です。

ファイナンシャルプランナーの知識は普段の生活にも活かせることから、社会人・学生・主婦など幅広いジャンルの人たちが受験しています。合格率は50~70%とその年によって差はありますが、比較的高い数字となっています。

試験は日本FP協会主催のものときんざい主催のものがありますが、なぜか日本FP協会の試験のほうが合格率が高めです。問題や難易度は同じですので、日本FP協会の試験のほうが簡単だというわけではありません。

3級を独学で合格するために必要な勉強時間は?

ファイナンシャルプランナーの資格を取るためには、独学でという人も多いです。書店で参考書などを購入して勉強することもできますが、やはり独学なら通信講座を利用すると効率がいいでしょう。通信講座なら分からないときに質問をするなどのサポートが受けられますから、確実に資格取得に近づくことができます。

個人差はありますが、勉強時間はだいたい3~4ヶ月くらいを見ていれば良いでしょう。通信教育のユーキャンでは、ファイナンシャルプランナーの講座は6ヶ月が目安で、料金は64,000円になります。日本FP協会認定の講習なので、信頼度も高いと言えるでしょう。また、ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座は教育訓練給付制度の対象講座となっています。

独学で勉強をするのは、当然ですがやる気が勉強時間を左右します。忙しくても、30分でいいので毎日勉強する習慣をつけましょう。

ファイナンシャルプランナー2級には受験資格は?

ファイナンシャルプランナー3級に合格したら、やはり次は2級に挑戦したいと思いますよね。ファイナンシャルプランナー2級なら履歴書にも堂々と書くことができますので、仕事やキャリアアップを目的としているのなら、ぜひ取得したいところです。

ファイナンシャルプランナー3級には受験資格はありませんでしたが、2級には受験資格があります。

・日本FP協会「AFP認定研修」を修了
・ファイナンシャルプランナー技能士3級取得
・ファイナンシャルプランナー業務2年以上

この3つの項目のうち、いずれか1つ以上を満たす必要があります。必ずしもファイナンシャルプランナー3級を取得していないと2級は受験できないというわけではありませんが、やはりステップアップという観点からも3級→2級と受験していくのがいいでしょう。

2級の難易度は?合格率はどのくらい?

ファイナンシャルプランナー3級は入門者レベルの試験で比較的やさしいという話をしました。では、2級の難易度はどのくらいなのでしょうか。

当然ですが、ファイナンシャルプランナー3級よりは難しくなります。とはいえ、他の国家試験と比べれば難易度は低めであると言えます。ファイナンシャルプランナー2級の合格率は、高いときだと40%を越えることもあるのです。ちなみにですが、行政書士や社会保険労務士の試験の合格率は高くても10%くらいです。
この数字を比べてみても、ファイナンシャルプランナーは挑戦しやすい国家試験と言えるのではないでしょうか。

試験そのものは年に3回行われていますし、暗記がメインの試験になります。引っかけ問題などはほとんどないので、覚えることが得意な人なら、そこまで難易度は高いと感じることはないかもしれません。

2級独学で合格するために必要な勉強時間は?

では、ファイナンシャルプランナー2級を独学で合格するためには、どのくらいの勉強時間が必要なのでしょうか。もちろん個人差があるため、一概に何時間でOKということは言えません。しかしだいたいの目安として、200時間ほど、3~5ヶ月くらいは必要だと言われています。

ファイナンシャルプランナー3級をすでに合格している人の場合は、もう少し短くても大丈夫かもしれません。何はともあれ、ファイナンシャルプランナー2級の試験は暗記科目が多いです。しっかり勉強をすれば、独学でも合格することは可能なので頑張りましょう。

まとめ

ファイナンシャルプランナーの資格についてご紹介してきました。いかがでしたか?
ファイナンシャルプランナーは仕事に活かすだけでなく、自分の生活に活かすことも可能な資格です。ぜひ取得してみてはいかがでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

女子力up編集部

女子力up編集部

女子力upは「史上最高の私になる」をモットーにした、女子のための応援メディア。美容、ダイエット、ファッション、健康、恋愛、ライフスタイルなど、雑誌感覚で気軽に読める役立つ情報を毎日配信しています。

あなたにおすすめの記事

  • 仕事辞めたい病になる原因とは?仕事辞めたい理由ランキングベスト8

  • 結婚はしたい!でも子供は欲しくない女性が増えている本当の理由

  • 悲観的で将来の希望なし。消えたいほど辛い…それってうつ病かも

  • 2016年の敬老の日は9月19日!喜ばれるお年寄りプレゼントの選び方

  • 昇給・昇格したいなら資格よりこのスキル?仕事ができる女性の特徴8つ

  • 一人暮らしの女子技!彼氏を招きたくなる部屋の作り方【模様替え】