1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 調剤薬局事務員になるには?資格の取り方【女性の仕事図鑑】

調剤薬局事務員になるには?資格の取り方【女性の仕事図鑑】

女性に人気の職業の1つに、調剤薬局事務があります。結婚をして子育てをしてからでも再就職がしやすいことなどから、今、調剤薬局事務は注目されています。

とはいえ、詳しくどんな仕事なのか分からないという人もいるでしょう。そこでここでは、調剤薬局事務の仕事内容や資格は必要なのかなど、調剤薬局事務の基本についてご紹介します。

Sponsored Link

調剤薬局事務とは?

まずは簡単に、調剤薬局事務について説明します。調剤薬局事務というのは、薬局での事務作業全般を行う人のことをいいます。ここ数年の間に、薬局が別(院外処方)の病院がかなり増えてきました。それとともに、注目されたのが調剤薬局という仕事です。

医療事務が診療報酬の請求を行うことに対し、調剤薬局事務は調剤報酬の請求を行います。厳密に言うなら、調剤薬局事務は医療事務の1つと考えることもできます。院外処方のクリニックが増えたことにより、医療事務と調剤薬局事務も別のものと捉えられるようになりました。

薬局でお薬を扱うのは薬剤師のみですが、受付として処方せんを預かったり、保険証の確認、調剤報酬明細書の作成、お会計などを行います。

調剤薬局事務の仕事内容とは?

調剤薬局事務の仕事内容は、簡単に言うなら薬剤師のサポートです。薬剤師はお薬の調合などで忙しいので、薬剤師の資格がなくても行えることを調剤薬局事務が行います。

薬を渡したり薬の説明をするのは薬剤師の仕事ですが、処方せんを見て前回と違うところがないか、定期的に来ている人なら次回の予約日などを伺うのは調剤薬局事務の仕事です。患者さんの保険証の確認や、ジェネリックの説明などを行うこともありますね。薬局に来た患者さんとコミュニケーションを取るのは、調剤薬局事務の仕事になります。

また、営業前の掃除や、納品伝票の整理なども行います。患者さんが来始めてからは、処方せんの預かりと入力の繰り返しです。

月末には、レセプト作成を行います。保険証を持っている人は、基本的には3割負担ですよね。この自己負担分以外の金額を、保険会社に支払ってもらうための書類作りになります。

レセプト作成を正しく行わないと保険会社から支払いがされませんから、薬局の収入がなくなってしまいます。レセプト作成は月末にまとめて行いますから、調剤薬局事務の仕事は月末がもっとも忙しいといえるでしょう。

調剤薬局事務の給料や年収はどのくらい?

調剤薬局事務の給料や年収はどのくらいなのでしょうか。年収に関しては、300万円前後であるところが多いようです。平均するの270万円~320万円くらいです。

給料は18万円前後、手取りにすると12~15万くらいでしょうか。勤務年数や勤める薬局によっても、給料や年収は変わってきます。やはり、総合病院の薬局のほうが給料は高めですね。

調剤薬局事務はブランクがあっても働きやすく、結婚後はパートなどでも十分働くことができます。パートの場合の時給は850円~1,000円くらいが相場なので、コンビニでパートをするよりは稼げる仕事だといえそうです。

調剤薬局事務の資格の取り方は?

調剤薬局事務として働くのに、資格は必須ではありません。資格なし、経験なしでも働くことは可能です。ただ、資格があれば知識があるということですから、即戦力になれますよね。何もないよりは、資格があったほうが就職はしやすいといえるでしょう。

調剤薬局事務の資格は国家資格ではなく民間資格です。取るためには、通学か通信にて勉強をする必要があります。通学は、ニチイの通学コースなどがあります。通うための時間は必要ですが、その分何がなんでも勉強しますから、確実に資格を取りたいという人には通学コースがおすすめです。

社会人など決まった時間に通学できないという場合は、無理をせずに通信教育を選びましょう。テキストを買って独学でという方法もありますが、やはり通信講座を利用したほうが資格取得の近道になると思います。

調剤薬局事務の資格の種類とは?

調剤薬局事務の資格は民間資格であるため、様々な名称があります。名称こそ違えど、中身はどれも調剤薬局事務の仕事に関するものなので、そこまでの違いはありません。どの通信講座で学んだのか、が資格の主な違いになります。ここでは、調剤薬局事務の主な資格をご紹介しましょう。

・調剤事務管理士
・医療保険調剤報酬事務士
・調剤事務実務士
・調剤報酬請求事務専門士

調剤事務管理士は、通信教育のユーキャンなどで取得できる資格です。日本医療事務センターの認定資格なので、調剤薬局事務の資格の中ではもっとも多いかもしれません。奇数月に試験は行われていますので、受験のチャンスは年に6回もあります。そのため、気軽に受験できるところも人気の理由なのではないかと思います。

医療保険調剤報酬事務士は、試験を自宅で受けることができます。会場まで行く時間がない、試験日に予定が合わないという人たちにとても人気です。試験そのものは毎月行っているというのもいいですね。

調剤事務実務士は学科と実技(レセプト作成)があり、調剤報酬請求事務専門士は会場試験か自宅試験かを選ぶことができます。専門士の資格がとれることもあり、とても人気が高いです。

調剤薬局事務の資格は独学でも取れる?

調剤薬局事務の資格は、独学でも頑張れば取ることは可能です。通学する時間がないという人も多いでしょうから、やはり自宅で勉強できるというのは魅力的です。通信教育の場合、平均勉強期間は約4ヶ月くらいですが、もちろん勉強のペースによって個人差はあります。

費用も、33,000円くらいから40,000円くらいが多いです。テキストだけを購入して勉強することもできますが、正直言ってそれだけでは難しいでしょう。やはり、独学は独学でも通信教育のシステムを利用するほうがしっかり資格がとれるのかなと思います。

調剤薬局事務の資格試験とは?

調剤薬局事務の資格試験は、実務経験や学歴など不要なものが多いです。受験資格が不問なら、誰でも受けることができます。また、自宅で受けられるものもありますので、自分の都合に合わせて試験を受けることができるのも嬉しいポイントでしょう。

そして、調剤薬局事務の資格試験は基本的にテキストやノートの持ち込みもOKです。仕事をすることになったときも、暗記しておくわけではなく、資料を見ながら正確に作業をしていくことになります。そのため、試験のときも暗記しておく必要はなく、テキストを見て回答して良いのです。記憶力よりも、正確さが求められる試験だといえるでしょう。

調剤薬局事務の試験の難易度や合格率は?

調剤薬局事務の試験は、医療系の資格の中では比較的難易度は低めです。専門分野が薬剤のみなので、範囲がそこまで広くないというのが1つの理由でしょう。しっかりと勉強をすれば、合格することは難しくないと思います。

調剤薬局事務は、どこでも使えるという便利さがあります。日本全国どこに行っても、薬局はあります。薬局のないところなんてありませんよね。そのため、結婚をして知らない土地に引っ越したとしても、仕事をすることが可能なのです。

資格がなくても調剤薬局事務の仕事はできますが、需要が高まるにつれ、やはり資格をもっている人のほうが採用される確率は高いと言えます。医療系の仕事に就きたいと思っている人はぜひ、調剤薬局事務の資格取得にチャレンジしてみてくださいね。

まとめ

調剤薬局事務の資格や仕事内容についてお話ししてきました。いかがでしたか?
調剤薬局事務は資格がなくても働けますが、やはり資格を持っていたほうが有利であることは間違いありません。将来的にも使える資格ですので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

女子力up編集部

女子力up編集部

女子力upは「史上最高の私になる」をモットーにした、女子のための応援メディア。美容、ダイエット、ファッション、健康、恋愛、ライフスタイルなど、雑誌感覚で気軽に読める役立つ情報を毎日配信しています。

あなたにおすすめの記事

  • 今すぐ癒されたい人必見!おすすめのリラクゼーションセラピー8選

  • ビジネスや勉強にも欠かせない!女子力がアップする手帳活用術8つ

  • 一人暮らしでも飼いやすいおすすめペットは?お家で癒される動物8選

  • 片づけができる女性は好印象?掃除が苦手でも簡単にできる整理術のコツ

  • 女子力アップは部屋作りから?運気をアップさせる部屋の作り方8つのポイント

  • 2016年の敬老の日は9月19日!喜ばれるお年寄りプレゼントの選び方