1. TOP
  2. 美容
  3. シミ・そばかすなど色素沈着が深刻…黒ずみはハイドロキノンで治せる?

シミ・そばかすなど色素沈着が深刻…黒ずみはハイドロキノンで治せる?

シミやそばかす、ニキビ跡…。顔にできる茶色や赤むらさきっぽい色素沈着、足やデリケートゾーンの黒ずみ、気になりますよね。色素沈着があるだけで気分が憂鬱になるだけでなく、なんだか老けて見えてしまうこともあります。できることなら「色素沈着を治したい!」と思いますよね。

しかし、色素沈着は思った以上に治すのは難しいものです。どんな方法でも、即効性はないと思っていてください。ここでは、色素沈着の治し方についてご紹介します。

Sponsored Link

顔の色素沈着の治し方

shutterstock_307949642

色素沈着でもっとも目立つのが顔ではないでしょうか。顔というのは第一印象にも関わってきますし、やはり顔の色素沈着はなんとかしたいですよね。

顔の色素沈着は、紫外線によるシミやニキビ跡が原因のものが多いです。紫外線を浴びてメラニンが過剰に生成されてしまったこと、ニキビの炎症が広がってしまったことが原因ですね。まずは自分の色素沈着が、何が原因で起きているのかを知りましょう。原因が分からなければ、治すことはできません。
顔の色素沈着を治すための方法には、このようなものがあります。

・ターンオーバーを整える
・生活習慣を改善する
・ピーリングをする
・美白スキンケアをする
・皮膚科でレーザー治療を受ける

どの方法を選んだとしても、色素沈着が治るまでには長い時間がかかるでしょう。顔の色素沈着は、正しいスキンケアで地道にケアをしていくことが大切なのです。スキンケアでは、肌のバリア機能を高める保湿を心がけていきましょう。

目元の色素沈着の治し方

shutterstock_69643144

目の下のクマやまぶたのくすみは、色素沈着の可能性が高いです。目元に色素沈着が起こる原因は、摩擦であることが多いです。まぶたを擦ったり、アイシャドウを塗るときにチップで擦ったりしていませんか?

また、ビューラーでまつ毛を上げるときにまぶたを引っ張ってしまうのも、刺激になります。まぶたの皮膚はとても薄く、なんと頬の皮膚の10分の1ほどしかないのです。そのため、少しの刺激でもメラニンが大量に発生してしまうのです。

目元の色素沈着を治すには、目元専用のクリームなどを使ってしっかりと保湿をしましょう。美容オイルなどを使うのもいいですね。ただ、擦るという行為が色素沈着の原因にもなりますので、クリームを塗るときには気を付けましょう。

アトピーの色素沈着の治し方

shutterstock_206204140

アトピーを繰り返すことで、黒っぽく色素沈着を起こすことがあります。アトピーによる強い炎症を受けると、肌を守るためにメラニン色素が生成されます。そのメラニンが真皮にまで到達してしまうと、色素沈着として残ってしまうのです。アトピーによる色素沈着を起こさないためには、掻かないことです。掻いてしまうと炎症が広がり、色素沈着になる可能性が高くなってしまいます。

アトピーの炎症は全身に起こりますから、規則正しい生活をして全身のターンオーバーを促すことが大切です。睡眠や食事の内容には特に気を付けたいですね。また、アトピーの人の肌は非常に敏感です。美白化粧品などを使うときは、刺激の少ないシンプルなものを選びましょう。合わないものを使うと余計に炎症を起こし、色素沈着も増えてしまうかもしれません。新しいものを試すときにはパッチテストをしたり、トライアルセットから試すようにしてください。

vioデリケートゾーンの色素沈着の治し方

shutterstock_95167156

デリケートゾーンは、年齢とともに黒っぽくなるものです。しかしデリケートゾーンというのは、他人と比べることはありません。「なんで私だけこんなに黒いの?」と思うかもしれませんが、実はみんな黒っぽくなっているものです。とはいえ、できることならデリケートゾーンの色素沈着を治したいですよね。

元々デリケートゾーンというのはメラニンが活発なところでもあります。ターンオーバーやホルモンバランスが乱れることでも、色素沈着は起こります。デリケートゾーンの色素沈着を悪化させないためにも、デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームを使ってみましょう。「イビサクリーム」というのが人気です。美白成分であるグリチルリチン酸2Kを含んでいます。デリケートゾーンに使うものなので、刺激はありませんので安心してください。

ビキニラキンの色素沈着の治し方

shutterstock_270980579

ビキニラキンの色素沈着は、下着や洋服による摩擦や、脱毛による刺激が考えられます。下着のサイズが合っていなかったり、締め付けがきついものはやめましょう。ゴムの締め付けは刺激と見なされ、メラニン生成を促してしまいます。

ビキニラキンの色素沈着を治すには、原因を1つずつ改善していきましょう。下着は自分のサイズに合ったものを選び、形はビキニタイプよりボクサータイプのほうがいいですね。素材は通気性のいいコットンやシルクがおすすめです。できるだけ刺激の少ない下着を選ぶことが、ビキニラインの色素沈着を治すためには重要だと言えそうです。

足の色素沈着の治し方

shutterstock_186129494

足の色素沈着は、カミソリや毛抜きによる脱毛の刺激が大きいです。このような刺激はすべてメラニン生成を促してしまいます。

まずは間違った脱毛方法を改善することが大切ですが、足の色素沈着専用のクリーム「ラスター」などを使うことをおすすめします。ラスターはメラニンの生成を抑制し、ターンオーバーを促進する効果のあるクリームです。ラスターは膝から下の色素沈着や黒ずみに効くクリームなので、ぜひ使ってみてください。アロマ成分配合されていますから、むくみの予防にもなりますよ。

レーザーによる色素沈着

shutterstock_352907537

レーザーは、光を当ててメラニン色素を破壊する施術です。主に皮膚科やエステなどで行います。ただ、シミをとるためのレーザーを行って余計にシミ(色素沈着)がひどくなることもあります。これは一時的なものであることが多いのですが、まれに元々の色素沈着よりも濃くて目立つシミになってしまうこともあります。

レーザーを受ければ色素沈着が完全に治せると思っている人が多いのですが、必ず治るとは限りません。

色素沈着は皮膚科で治せる?

shutterstock_147042977

色素沈着の原因によっては健康保険が適用になることもあります。ただ、健康保険が適用になるケースは色素沈着の原因が外傷や特別な病気であることが条件なので、ほとんどないと思っていてください。

皮膚科での治療は、主流はレーザーです。だいたいレーザーは1回あたり2万~3万円が相場でしょう。たいていは健康保険の適用外ですので、費用がいくらになるか、施術が何回必要かは事前にきちんと確認しておいてくださいね。

色素沈着を治すクリーム「ハイドロキノン」とは?

shutterstock_130125746

色素沈着を治すには、皮膚の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンを配合したクリームがおすすめです。今まで何をしても色素沈着が治らなかったという人にもおすすめなのが、ビーグレンのキューソームホワイトクリーム1.9です。

世界特許を取得した浸透テクノロジー、キューソームとハイドロキノンを融合させたキューソーム化ハイドロキノンが、必要なところに有効成分を届けます。しっかりと肌に働きかけます。気になる人は、トライアルセットから試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

shutterstock_288380174

色素沈着を治す方法をいろいろとご紹介してきました。いかがでしたか?色素沈着というのは、治すのがとても大変です。ターンオーバーが正常ならば、時間とともになくなっていくものですが、なかなかうまくいかないのが現実ですよね。

色素沈着のある場所に合ったアイテムを上手に使って、色素沈着をきれいに治していきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

女子力up編集部

女子力up編集部

女子力upは「史上最高の私になる」をモットーにした、女子のための応援メディア。美容、ダイエット、ファッション、健康、恋愛、ライフスタイルなど、雑誌感覚で気軽に読める役立つ情報を毎日配信しています。

あなたにおすすめの記事

  • 綿棒やピンセットで鼻の角栓がゴッゾリ取れる?おすすめの除去方法まとめ

  • 憧れハーフ顔になりたい!のっぺり日本人顔でもハーフ顔になるメイクテク

  • 簡単に肌をきれいにする方法7選!これでニキビ・毛穴の悩みともおさらば?

  • 顔のゆがみはブスの素?自宅で簡単にできる美人顔エクササイズ6選

  • 手作りスクラブで全身ツルツル?塩と砂糖で作れる簡単スクラブたち!

  • 顔は洗わないほうがいい?美容マニアも絶賛!朝洗顔しない美容法