1. TOP
  2. 今触った…セクハラ上司の特徴と具体例!今すぐできる対策方法まとめ

今触った…セクハラ上司の特徴と具体例!今すぐできる対策方法まとめ

ライフスタイル
この記事は約 7 分で読めます。 1,091 Views

セクハラという言葉は、みなさんもご存じですよね。みなさんのイメージするセクハラは、おそらく女性が被害者であることが多いと思います。

しかし最近では、女性が加害者になるセクハラも話題になっていますよね。それほど話題の的であるセクハラですが、具体的にどんなことがセクハラになるのか、セクハラの被害に遭わないためにはどうしたらいいのか分からない!という人もいるでしょう。

今さら「セクハラってどういうもの?」とは聞きにくいですよね。そこでここでは、セクハラ対策と相談先についてまとめてご紹介します。

Sponsored Link

セクハラの2つの定義とは?

shutterstock_369751736

ではまず、セクハラの定義についてまとめてみましょう。セクハラというのは、セクシュアルハラスメントの略で、一言で言うなら性的嫌がらせのことを指します。

「相手の意思に反して不快や不安な状態に追い込む性的な言動」のことをセクハラといい、セクハラには対価型と環境型の2つがあります。

対価型は、性的な言動に対する労働者の対応により労働条件に不利益を与えること、環境型は、性的な言動により就業環境を害されることとしています。

なかなか難しい感じがしますが、簡単にまとめるなら「受ける側が嫌だと感じること」で、なおかつ「性的な言動を含む」ものがセクハラということです。

セクハラ上司の5つの特徴

shutterstock_185860787

セクハラは、主に上司から部下へと行われます。相手が同僚なら強く言い返すこともできますが、相手が上司となれば話は別ですよね。なかなか言い返すことも拒否することもできず、気づいたときにはエスカレートしていたなんてことも少なくありません。

そんなセクハラ上司の特徴をまとめてみました。

・アルコールが入ると豹変する
・立場を利用した発言をすることが多い
・他の部署によく顔を出す
・女性のミスには慣用である
・ボディタッチが多い

セクハラをする人には、このような特徴があります。1つずつ見ていきましょう。

お酒の席では、いつもとは違うフランクな雰囲気で接することができます。「お酒のせい」と言い訳にすることもできますから、セクハラ上司は飲み会そのものが好きな人が多いです。パワハラと勘違いされることもありますが、自分の立場を利用して女性を口説く人もいます。断れないのをいいことに2人きりで食事や飲みに誘うのです。

他の部署によく顔を出すというのは、新人の女性社員が入社したときというのが多いです。品定めともいえる行動ですね。そして、女性のミスに慣用なのも、セクハラ上司の特徴です。何かミスをしても「あとは俺がなんとかするから大丈夫、気にしなくていいよ」と上司がフォローしてくれます。

女性に好かれようとしているのが見え見えです。ボディタッチが多いのは言うまでもありません。ボディタッチそのものが、すでにセクハラに該当することもあります。

セクハラの具体例8つ

shutterstock_199739606

ではここで、実際のセクハラ例をご紹介しましょう。セクハラの相談件数というのは年々増加していて、その6割が女性です。

・膝に手をおく
・肩を揉む
・髪の毛に触る
・抱きつく、キスをする
・背中やおしりを触る
・性的なジョークを言う
・身体の特徴を言う
・結婚や子供の話を急かす

捉え方にもよるのですが、これらはセクハラとなることがあります。ここで紹介したものは、実際にセクハラとして相談されたものになります。「え?こんなこともダメなの?」と思うかもしれませんが、された側が嫌だなと感じたら、やはりセクハラになります。

抱きつく、キスをする、おしりを触るなどはセクハラではなく強制わいせつになることもあります。

「昨日キャバクラの子とホテルに行った」と性行為を想像させる発言や、「○○さんって胸が大きいよね」などと身体の特徴を言うのもセクハラです。そして最近増えてきているのが、「結婚はまだなの?」「子供はまだ?」と急かす発言をすることもセクハラになります。

結婚や子供というのは非常にデリケートな問題ですし、これらには必ず性行為が関係しているからです。

セクハラに遭わないための4つの対策

shutterstock_269290829

セクハラというのは、残念ながら被害に遭いやすい人とそうでない人がいます。被害者にならないために、私たちも気を付けなければなりません。対策としてはこのようなことがあります。

・服装を考える
・下ネタには応じない
・2人きりでの食事や飲みは断る
・嫌なことは嫌だと断る

まず、身体のラインの出る服や胸の谷間が見える服、ミニスカートなどは論外です。最近では露出の多すぎる服装、見る人が目のやり場に困るような服装をしていると「逆セクハラだ」と言われることもあるんですよ。服装次第では性的感情を持たれても仕方ないといえる場合もあるのです。

そして、下ネタには応じないようにしましょう。相手が上司だからと愛想笑いでやり過ごしていると、徐々にエスカレートしていってしまいます。普段から何を言っても断らないようなタイプの女性は、セクハラのターゲットにされることが多いです。

2人きりの食事や飲みに誘われるということは、少なからず好意を持たれているということです。しかしそれがセクハラに発展する可能性は高いので、誘われたときは「みんなと一緒なら…」とさりげなく2人きりは避けるようにしましょう。

セクハラが原因で処分された事例もある?

shutterstock_119972623

セクハラについての事例というのはたくさんあります。まずは被害の事例を紹介します。

・性交渉を拒否したら解雇された
・胸を触られ、抵抗したら配置転換された
・顔を合わすたびに容姿や身体に関する性的冗談を言われる
・パソコンのスクリーンセーバーにヌード画像を使用していて、指摘しても変えてくれない

このような事例は、実はたくさんあるのです。普段なにげなく行っているという上司の人もいるかもしれませんね。

セクハラというのは捉え方の問題でもあるため、軽く考えられてしまうことも多いです。しかし、セクハラが原因でしっかりと処分がくだされた事例もあるんですよ。異動や降格、場合によっては即解雇なんて例もあります。たとえば身体に触るなど民法既定にふれるような場合は、即刻解雇されることもあるようです。

部署異動と降格処分を受けた事例としては、下ネタを交えたコミュニケーションというのがあります。日頃から場を盛り上げるために下ネタを使っていた上司が、女性新入社員に下ネタをセクハラだと訴えられた事例です。

他の社員は受け流していたことを、新入社員は嫌だと耐えられなかったようです。このように、普段なにげなく行っていることが人によってはセクハラだと感じ、処分を受けることもあるのです。

厚生労働省の定めるセクハラとは?

shutterstock_225872623

厚生労働省が運営している「こころの耳」というサイトでは、セクハラに関してくわしくまとめています。事例紹介、相談窓口の紹介、手引き冊子などがあります。「これってセクハラなの?」と思ったときには、ぜひ参考にしてみてください。被害に遇ったときの対策も載っていますよ。

厚生労働省が定めるセクハラとは、このようなことをいいます。

・職場において、労働者の意に反する性的な言動が行われ、拒否したことで解雇、降格、減給などの不利益を受けること

・性的な言動が原因で職場環境が不快になり、能力の発揮に悪影響を及ぼすこと

実際に不利益を受けるだけでなく、嫌だと感じて仕事に行きたくなくなることも立派なセクハラに該当します。

セクハラは法律ではどう定められているの?

shutterstock_393282928

セクハラに関する法律は、男女雇用機会均等法で定められています。第21条でくわしく述べられていますね。場合によって人権侵害や民事責任、使用者責任、刑事責任などの法的責任が課せられることになります。

2015年2月には、あるセクハラ裁判で最高裁による判決がくだされました。セクハラ裁判で最高裁まで争われることは極めて稀なことです。

セクハラの相談窓口には何がある?

shutterstock_343220096

セクハラは、その被害状況によっては相談するのが恥ずかしいと感じる人も多いです。嫌なことを思い出して、細かく説明するのは嫌ですよね。しかし、泣き寝入りするのはやはりおすすめはできません。新たな被害者が出てしまう恐れもあるからです。

今、セクハラの相談窓口は増えています。社内にセクハラやパワハラの相談窓口が設置されているところもありますし、自治体が独自に設置しているところもあります。

セクハラの相談をするときは、嫌でもセクハラの内容をしっかりと整理しておきましょう。

まとめ

shutterstock_275810027

セクハラについてまとめてみました。いかがでしたか?
セクハラは、被害者だけでなく加害者になる可能性もあるということが分かったと思います。セクハラを受けたと感じたら泣き寝入りせず、しっかりと対応することが大切です。

\ SNSでシェアしよう! /

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

女子力up編集部

女子力up編集部

女子力upは「史上最高の私になる」をモットーにした、女子のための応援メディア。美容、ダイエット、ファッション、健康、恋愛、ライフスタイルなど、雑誌感覚で気軽に読める役立つ情報を毎日配信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 魂レベルでつながる運命の相手とは?ツインレイの男性の特徴

  • 魂レベルで引かれ合う運命の人?あなたがツインソウルに出会う時期

  • 恋愛運がないと感じたら?今すぐ恋愛運気をアップさせる9つの方法

  • 既婚者に片思い中。不倫が本物の恋愛に発展する可能性はどのくらい?

関連記事

  • 上司の嫌がらせはパワハラ?厚生労働省の定義と事例&特徴まとめ

  • ビジネスや勉強にも欠かせない!女子力がアップする手帳活用術8つ

  • 姑が原因で離婚…結婚する前に知っておきたい!嫁姑バトル問題まとめ

  • 一人暮らしでも飼いやすいおすすめペットは?お家で癒される動物8選

  • 旅行好きには天職?未経験でもツアーコンダクター(添乗員)になるには?

  • ペットトリマーになりたい!社会人が通信教育で資格を最短で取るには?