1. TOP
  2. 美容
  3. 小顔になるためのシェーディングメイク術【丸顔】【ベース顔】【面長】

小顔になるためのシェーディングメイク術【丸顔】【ベース顔】【面長】

芸能人やモデルさんなど、小顔の人は多いです。歌手の安室奈美恵さんは、元祖・小顔と言われるくらい小顔のイメージが定着しています。

顔が小さいとそれだけスタイルも良く見えますし、女性にとっていいことばかりですよね。太りすぎなどの場合は痩せることで小顔になることができますが、大抵の場合は骨格によるものなので個人のケアでどうにかすることは難しいです。しかし、女性にはメイクがあります。なりたい顔に近づけるメイクは、やり方次第で小顔に見せることもできるんですよ!ここでは、そんな小顔に見えるメイク術をご紹介します。

Sponsored Link

小顔メイクとシェーディング

shutterstock_243458797

小顔メイクにシェーディングは欠かせません。シェーディングというのは影を作ることで、顔のへこんでいる部分に使います。あまりにも暗すぎる色を選ぶと見た目がかなりおかしくなってしまうので、シェーディングはファンデーションよりもワントーン暗いものを選びましょう。シェーディングを入れることで、顔に立体感ができ、輪郭を引き締める効果が得られます。

シェーディングは、パウダータイプが使いやすいのでおすめです。大きめのブラシで、必ず手の甲で余分な粉を落としてから使いましょう。こするのではなく、ブラシをなでるようにすると自然な仕上がりになりますよ。

シェーディングを入れるところは顔の形によっても異なるのですが、主にフェイスラインや髪の毛の生え際、鼻筋の脇などです。入れすぎると違和感が出てしまうので、あくまでも自然な仕上がりを意識してください。

丸顔の人はシャープな印象に

shutterstock_205131136

丸顔の人は、童顔、小動物のようだとも表現されます。可愛らしい印象の丸顔ですが、小顔に見せるにはどうしたらいいのでしょう。

丸顔の人は、シャープな印象を作り出すため、縦のラインを強調したメイクを心がけます。フェイスラインにシェーディングを入れ、チークは頬骨の高い位置に細く入れます。チークを丸く入れてしまうと、丸顔が余計に強調されてしまうので気を付けましょう。

そして、鼻筋にハイライトを入れます。ここでも縦のラインを強調しましょう。アイラインは目尻を跳ね上げるようにするといいですよ。

ベース顔の人はシェーディングが決め手

shutterstock_432630091

エラの張っているベース顔の人は、顔が大きく見えてしまいます。このようなベース型の人が小顔に見せるには、シェーディングが決め手となります。

まず、おでこ・両目の横・あご先を結んだダイヤ型をつくります。このダイヤ型からはみ出た部分に、シェーディングを塗っていきます。ブラシで払うようにすると、自然な仕上がりになります。あまり暗くしすぎてしまうと違和感が出るので気を付けてください。

ダイヤ型の内側はハイライトです。明暗をしっかりとつけることで、小顔に見せましょう。チークは頬骨の高い位置から耳方向へ、小さめの楕円形で入れます。

面長の人は横のラインを作る

shutterstock_189512987

顔が縦に長い面長の人は、どうしても顔が大きく見えがちです。面長の人は縦に長いので、小顔に見せるためには横のラインを作りましょう。シェーディングは、おでこの髪の生え際とあごの先に塗ります。横側には塗りません。

そして、面長の人に重要なのはチークです。チークを丸やななめに入れてしまうと、縦の長さが強調されてしまいます。ですから、面長の人は頬骨よりも少し下あたりに、まっすぐ横長に入れるのがポイントです。目の下にチークを入れるのが流行っていますが、面長の人には不向きです。

小顔メイクに使うコスメは?

shutterstock_244018987

小顔メイクに重要なのは、シェーディングとハイライトです。この2つをきちんと使いこなせれば、誰でも小顔に見せることができますよ。シェーディングとハイライトは、小顔メイクの基本とも言えるでしょう。

シェーディングは、ブラウンのチークで代用することもできますよ。

ではここで、プチプラでおすすめの小顔メイクに使えるコスメをご紹介します。プチプラコスメと言えば、やはり王道のキャンメイク!キャンメイクからは、シェーディングはもちろんハイライト、チークもすべて販売されています。ちなみにシェーディングパウダーは680円というから驚きです。コスメは全部揃えると高額になるイメージがありますが、キャンメイクのようなプチプラコスメで揃えればお財布も安心です。

小顔に見えるベースメイクは?

shutterstock_69643144

小顔に見せるためには、ファンデーションの色選びも重要です。顔を明るく見せるため、自分の肌より明るい色を選んでいませんか?実は肌より明るい色のファンデーションを使うと、顔が膨張されて大きく見えてしまいます。ファンデーションは自分の肌に合った色を選びましょう。そうするだけで、普段より一回り顔が小さく見えますよ。

内側から外側に向かってファンデーションを乗せ、輪郭はぼやかすようにしましょう。濃淡をつけることで、目鼻立ちがくっきりし、小顔に見えるようになります。いくら濃淡をつけたいからといって、ファンデーションを厚塗りするのはNGです。

チークのポイント

shutterstock_169734290

チークは自分に合う色を選ぶのが鉄則です。手の指先を押さえたとき、色が変わると思います。そのときの指先の色に近いものを選ぶと、あなたの肌にしっくり馴染みますよ。

チークの入れ方は、顔の形によって変わります。同じように入れてしまうと、顔の形によっては顔が大きく見えてしまうので気を付けましょう。

丸顔の人は頬骨の高い位置に、ややななめに。
ベース型の人は頬骨の外側に、ななめの楕円形に。
面長の人は鼻の横の位置に、横長に。

自分の顔の形を知り、自分に合ったチークの入れ方をすることが大切です。色みは自分に合うものならいいのですが、ベージュのチークを使うと同時にシェーディング効果も得られるのでおすすめです。

ハイライトのポイント

shutterstock_370070291

シェーディングと対になるのが、ハイライトです。シェーディングが影なら、ハイライトは光ですね。ハイライトを入れることでより立体感ができ、かつ顔全体を明るく見せることができます。流行りの艶感を出すこともできますよ。ハイライトは、顔の高い部分に使います。主にTゾーンや頬骨の高いところ、あご先などですね。

ハイライトもシェーディング同様、パウダータイプが自然な仕上がりになるのでおすすめです。微細なパールが入ったものだと、肌をきれいに見せることができるでしょう。ハイライトは広く入れすぎると顔が大きく見えてしまうので、狭い範囲で入れましょう。

目元のメイクのポイント

shutterstock_384224803

女性たちの間で、目を大きく見せるデカ目メイクが人気です。実はこのデカ目メイクが、小顔効果もあるって知ってましたか?目を大きく見せることで頬の範囲が狭くなります。目から下の範囲が狭くなるので、顔が小さく見えるのです。

おすすめは、涙袋を強調する、ということ。アイシャドウに使った一番明るい色を下まぶたにも乗せて、涙袋を強調しましょう。そして、アイラインは目尻を長めに書き、目の幅を大きく見せるといいですよ。マスカラは上下のまつげにまんべんなく塗り、ぱっちりとした目元に仕上げます。デカ目メイクをするだけで、小顔に見えるから不思議ですね。

 小顔メイクに使うテープがあるらしい?

shutterstock_307949642

皮膚を引っ張ることで、ほうれい線や肌のたるみを引き上げることができます。たるみがなくなることで、小顔に見せることができるのです。これはリフトアップテープというのですが、テープを外せば顔の大きさは元通りになってしまいます。しかし、即効性はかなり期待できますよ!ここぞというときに使う分にはおすすめだと言えます。リフトアップテープは、その上からメイクができるところも魅力です。こめかみや耳の後ろなど、あまり目立たないところに貼るのがいいでしょう。

ただ、頻繁に使いすぎると皮膚が伸びてしまい、余計に肌がたるんでしまいます。使いすぎには気を付けてください。

まとめ

shutterstock_168808964

小顔に見えるメイクについてお話ししてきました。いかがでしたか?ポイントさえ押さえておけば、どんな顔の形でも小顔に見せることは可能なのです。小顔に見せるには、メイクだけでなく髪型なども変えてみるとより効果がアップしますよ。ポイントを押さえたメイクをして、あなたも小顔を手に入れましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

女子力up編集部

女子力up編集部

女子力upは「史上最高の私になる」をモットーにした、女子のための応援メディア。美容、ダイエット、ファッション、健康、恋愛、ライフスタイルなど、雑誌感覚で気軽に読める役立つ情報を毎日配信しています。

あなたにおすすめの記事

  • 蒸しタオルでエステ並みの美容効果?自宅で簡単!蒸しタオル美容法

  • メイクが崩れる3大原因とは?美人度がアップする化粧下地のポイント8つ

  • 簡単に肌をきれいにする方法7選!これでニキビ・毛穴の悩みともおさらば?

  • なんか髪の毛減ってない?女性に多い分け目はげの対策方法5つ

  • 髪の毛が痛むのは●●不足だから?チリチリをツヤツヤに変える方法

  • 女子力アップ間違いなし!の美人度を上げる超簡単な美容法10選