1. TOP
  2. ダイエット
  3. 痩せたいのに食べちゃう!ダイエットできない人のための減量方法8つ

痩せたいのに食べちゃう!ダイエットできない人のための減量方法8つ

女性がダイエットを行うとき、大抵は運動よりも食事に目を向けます。実際、食事制限のあるダイエットに挑戦したことのある人は多いと思います。

しかし、痩せたいという思いとは裏腹に、食べたいという欲求に負けてしまうことがあります。痩せるためには食べてはいけないと分かっているのに、食べたいという欲求に負けて食べてしまう。食べてしまったことに落ち込んで、ストレスから更に食べてしまう…。そんな「負のループ」に陥ってしまう人も少なくありません。痩せたいのに食べちゃう人は、ダイエットできないのでしょうか?

そんな「痩せたいのに食べちゃうダイエットできない人」のためのダイエット方法を8つ、ご紹介します。

Sponsored Link

食欲には2種類ある

shutterstock_185759639

ダイエット中でもあるにも関わらず、なぜ食べたいという欲求が出るのでしょうか。まずはその理由を知りましょう。理由が分かれば、何かしらの対策がとれるはずですよね。
食べたいという食欲には、この2種類があります。

・本能的な食欲
・偽りの食欲

本能的な食欲というのは、わたしたちが生きるために必要なエネルギーを欲することで、これは誰にでもあるものです。食べなければ死んでしまいますから。
どんなときに食欲が起こるのかというと、

・血糖値が下がったとき
・カロリーを盛んに消費したとき

などです。食事によって上昇していた血糖値が下がると、糖が足りないと脳が感じ、食事によって糖を補うように指令を出すのです。激しい運動などでカロリーをたくさん消費したときも、「エネルギー不足」を感じ取った脳が「食欲」という形で指令を出すというわけです。

これよりも問題なのが、偽りの食欲です。実際にはお腹がすいていないのに、「なんとなく食べたい」と思うこと、ありますよね?これは、美味しそうなものを見たときやストレスを感じたときに起こります。実際には食べなくてもいいときなので、当然食べたら太ってしまいます。

これらの「食べたいと思う理由」が分かったところで、次はダイエット方法を紹介していきましょう。

1.今食べているものを見直してみる

shutterstock_267766169

食べたいという欲求に負けて食べてしまうのなら、食べるものを見直してみましょう。ケーキや脂っこいものは当然ながら太りやすいので、できるだけ太りにくいものを食べればいいのです。

たとえば、バナナやリンゴなどの食物繊維の多いものは少量でも満腹感が得られます。どうしても甘いものが食べたいというときには、お茶と一緒におからクッキーを食べてみましょう。おからは食物繊維がものすごく豊富なので、ダイエット中でも積極的に摂りたい食品の1つです。また、こんにゃくゼリーやゼロカロリーのゼリーなどもいいですね。

それから、あまり知られていませんがオリーブオイルなどに含まれる「オレイン酸」は、満腹中枢を刺激する働きがあると言われています。オリーブオイルをそのまま飲むことには抵抗があると思うので、オレイン酸を含むアーモンドなどを食べましょう。

このように、どうせ食べるのなら「少量でも満腹感が得られるもの」「カロリーの少ないもの」を選ぶようにしてみてください。

2.太りにくい食べ方を知る

shutterstock_291314792

食べたいという欲求に負け、欲のままに食べてしまったあとでは時すでに遅し、です。「食べ方」1つで太りにくくすることも可能です。

太りにくい食べ方の1つめは、よく噛むこと。満腹感というのは、食事を始めてから20分経たないと感じることはできません。ですから、しっかりと噛んで食べましょう。食べるときは食べることに集中し、ダラダラ食べを防ぐことも大切です。

また、食べる順序にも気を付けてみましょう。炭水化物から食べるのではなく、「食物繊維」から食べるようにします。食物繊維は血糖値が急激に上昇するのを防ぐ役割があります。血糖値の急上昇は脂肪をつきやすくしてしまうので、これはとても大事なことですね。

冷たいものより熱いものを選ぶことも、「ゆっくり食べる」ことにつながるので良いでしょう。お菓子などを食べるときは、あらかじめ小皿に分けておくと食べ過ぎを防ぐことができますよ。

3.食品のカロリーを計算する

shutterstock_350111288

今はインターネットを使えば、食べ物の大まかなカロリーを知ることは簡単です。最初は面倒に感じるかもしれませんが、「食べたい!」という衝動に刈られたら、「食べたいもののカロリー」を計算してみましょう。意外とカロリーが高いことに驚き、食欲が失せることもあります。

食べ物のカロリーを調べたら、同時に「そのカロリーを消費するための運動」も調べてみましょう。たとえ食べてしまっても、その分運動をすればいいという考え方です。

「おにぎり1個たべたら、こんなに運動しないといけないの?!」と思ったら、自然と食べない選択を取れるようになるはずです。

4.時間のかかる趣味に没頭する

shutterstock_397255312

これは、一時的に食欲を忘れるために効果的な方法です。よく、好きなことをしていたら時間が経つのを忘れてた!ってこと、ありますよね。食べたいと考えてしまうと、より食欲が増すというのはよくある話です。

食べたいと考えなくてすむように、趣味に没頭してしまいましょう。ミシンやジグソーパズル、読書、大人の塗り絵など、好きなことや没頭できるものならなんでもいいと思います。好きなことを好きなだけするというのはストレス解消にもなりますから、ストレスによる食欲を抑制することもできるでしょう。

日常的に続けるためには、やはり「お金のかからない」上記のようなものがいいですね。

5.食べる時間を決める

shutterstock_248406658

痩せたいのに食べちゃう!というのは、食べてはいけないという思いがあるため、余計に負のループにはまってしまいます。そんなときは、食べる時間を決めましょう。

8時間ダイエットというのがあります。これは、1日のうちの8時間は何を食べてもいいが、残りの16時間はカロリーのない水分のみで過ごすというもの。たとえば9時~17時までは食べてもいい時間、17時~翌日の9時までは何も食べてはいけません。「食べてもいい時間」が決まっていることで、たとえ夜に食べたい気持ちが出ても「明日の9時まで我慢しよう」と思えるようになるのです。

胃を休ませることができるので、デトックスにもおすすめです。

6.食べてもOKな日を作る

shutterstock_145995764

食べることを我慢ばかりしていると、相当なストレスが溜まります。ストレスから過食に走ったり、暴飲暴食をしてしまうこともありますよね。これを防ぐために、2週間に1度くらいのペースで食べてもいい日を作りましょう。

ダイエットを効率よく行う上で、「ストレスを溜めない」ことはとても大切なことです。ストレスによってダイエットが失敗に終わることも少なくないからです。「食べてもいい日」を作ることで、他の日の食欲を我慢することができるようになりますよ。

7.炭酸水を飲む

shutterstock_288109034

「炭酸水ダイエット」というのが流行したのは、まだ記憶に新しいですよね。炭酸水を飲むことで満腹感が得られ、衝動的な食欲を抑えることができます。

このとき、炭酸水は水に炭酸が溶けただけのシンプルなものを選びます。くれぐれもコーラなどの糖分の入ったものを選ばないでくださいね。お腹がすいたと感じたときに、500ml以上飲みましょう。コップ1杯くらいだと余計に食欲が増してしまうので、500mlを目安に飲んでくださいね。
余談ですが、ダイエットコーラなどの「ゼロカロリーの炭酸飲料」には砂糖は使われていませんが、代わりに人工甘味料がたっぷりと使われています。

たまにならゼロカロリーの炭酸飲料でもいいのですが、食欲を抑えるために毎回炭酸水を飲むというのなら、やはりシンプルな「炭酸水」を選ぶようにしましょう。

8.サプリメントを利用する

shutterstock_338422430

ダイエットに効果的なサプリメントも、たくさん販売されています。DHCの「フォースコリー」や、FANCLの「カロリミット」など、「食べちゃう人」をターゲットとしたダイエットサプリメントを利用してみましょう。

これらのサプリメントは糖質をカットして吸収されにくくする作用がありますので、気にせず食べられるのがウリでもあります。サプリメントの値段はそれなりに高いものもありますが、食べちゃうことで落ち込みを繰り返している人には、おすすめの方法です。

まとめ

shutterstock_129043178

さて、ダイエットできない人のためのダイエット方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?すぐに実践できるものもありますので、ぜひ今日から始めてみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

女子力up編集部

女子力up編集部

女子力upは「史上最高の私になる」をモットーにした、女子のための応援メディア。美容、ダイエット、ファッション、健康、恋愛、ライフスタイルなど、雑誌感覚で気軽に読める役立つ情報を毎日配信しています。

あなたにおすすめの記事

  • 男性の目線が釘付け!グラビア級、キュッと引き締まったくびれの作り方

  • 食後48時間が勝負!食べ過ぎ&飲み過ぎリセットダイエット方法6選

  • 簡単にやせられる?ダイエッターに人気の豆腐ダイエットを成功させる秘訣

  • 誰でも簡単に痩せられる?驚きのタンパク質ダイエット方法まとめ

  • 短期間で二重あごをなくす方法!脂肪だと思っていたけど、実はむくみだった?

  • 海外セレブも愛用するスーパーフード!チアシードダイエットが成功しやすい理由