1. TOP
  2. 美容
  3. チークで顔の印象がガラリと変わる?あなたにおすすめのチークの入れ方

チークで顔の印象がガラリと変わる?あなたにおすすめのチークの入れ方

あなたはメイクをするとき、どこに力を入れていますか?おそらく、ベースメイクやアイメイクと答える人が多いのではないでしょうか。

そんな中、チークが今注目を集めているんですよ。知ってましたか?「チークつけるの忘れちゃった」という人もいるほど、メイクにおけるチークの優先度は低いです。しかし、チークで顔の印象はガラリと変わるんですよ。

Sponsored Link

チークの色の選び方

shutterstock_413465203

チークの色は、ピンク、オレンジ、ブラウンなどたくさんあります。どんな色を選べばいいのか分からないという人もいますよね。チークの色を選ぶときのポイントは、自分の肌の色と合わせることです。

イエローベースの人はピーチ、コーラル、サーモンなどが、ブルーベースの人はローズやチェリーなどがいいでしょう。色黒の人や日焼けをしたときに小麦肌になる人はイエローベース、逆に色白の人や日焼け後の肌が赤くなる人はブルーベースのことが多いです。

それでも分からない人は手首の内側の血管を見てみましょう。血管が緑に見える人はオレンジ系が、青く見える人はピンク系のチークにすれば間違いはありません。

年代別!チークの選び方

20代におすすめのチーク

shutterstock_265017071

自分に似合う色が分かったところで、年代別におすすめのチークを見てみましょう。まずは20代です。

若さの溢れる20代は、可愛らしくピュアな印象を与えるレッドやピンクがいいでしょう。一言でレッド、ピンクと言っても色味は様々です。どんな色合いのものにするかは、先ほど紹介したように自分の肌色に合わせましょう。

30代におすすめのチーク

shutterstock_325087868

30代は、大人の女性です。実は、30代はもっとも年齢による差が出やすい年代でもあるのです。若々しい印象になるかおばさんになるかが変わると言っても過言ではないのです。

ですから、30代は可愛らしさと上品さを兼ね備えた色を選びましょう。肌色に近いピーチやローズがおすすめです。

40代におすすめのチーク

shutterstock_90206206

40代になると、どうしても肌はだんだんくすんできます。ですから、40代は自然に血色感を与えられるような柔らかいピンクやオレンジがいいでしょう。

明るすぎる色は浮いてしまうので、肌馴染みの良さげか色合いのチークにすると失敗しなくてすみますよ。

目的別!チークの入れ方

 

チークの流行りの入れ方

shutterstock_344457569

メイクに流行りがあるように、チークの入れ方にも流行りがあります。今年の流行りと言えば、なんといっても目の下チークでしょう。

目の下にチークを入れることで、セクシーさとあどけなさを演出することができるのです。大人かわいいメイクにぴったりですね。

しかし、輪郭によっては似合わない人もいます。目の下という頬の高い位置にチークを入れるので、面長の人は余計に顔が長く見えてしまうでしょう。チークの入れ方は流行りにあまりこだわらず、輪郭で決めたほうがいいかもしれません。

丸顔の人のチークの入れ方

shutterstock_199141433

丸顔の人は太って見えたり、幼く見えたりしてしまいます。頬に丸くチークを入れると余計に幼く見えてしまうので、それはやめたほうがいいでしょう。

丸顔の人は、斜めにシャープにチークを入れましょう。幅を細めに入れると、丸顔が強調されずにすみますよ。ブラシでシュッと入れるくらいでいいでしょう。

面長の人のチークの入れ方

shutterstock_227097604

面長の人は顔が縦に長いので、顔の大きさが悩みになります。一般的なチークを入れるところ(頬の高いところ)にチークを入れると、顔の縦の長さが余計に強調されてしまいます。

ですから、面長の人は普通よりも若干低い位置にチークを入れましょう。鼻の横あたりがいいですね。顔の内側を意識して、丸ではなく横長の楕円形で入れましょう。こうすることで、縦の長さを抑えることができますよ。

エラの張っている人のチークの入れ方

shutterstock_168494747

エラが張っていて顔が四角く見えてしまう人は、頬骨の上にピンポイントでチークを乗せましょう。頬骨に合わせてチークを入れることで、エラの張りを中和させることができます。

エラが張っていると男っぽく見えてしまいますが、チークを入れることで女性らしく見せることができます。

小顔に見えるチークの入れ方

shutterstock_156723653

チークの入れ方次第で、小顔に近づくことはできますよ。小顔になれるチークの入れ方は、顔の形によって異なります。丸顔の人と面長の人が同じチークの入れ方をしたのではいけません。

丸顔の人は頬の中央からこめかみに向かって細長く、面長の人は低めの位置に横長に入れます。エラの張っている人は頬骨の位置に楕円形に、逆三角形の人はふんわりと広範囲にチークを入れましょう。

ポイントは、顔の中心に寄せるようにチークを入れるということ。ピンク系よりオレンジ系の方が小顔に見せる効果が高いのでおすすめですよ。

クリームタイプのチークの入れ方

shutterstock_243260476

1番多いタイプのチークはパウダーです。しかし最近、クリームタイプのチークが人気です。リップとしても使えるクリームタイプのチークですが、どうやって使えばいいのでしょうか?

クリームタイプのチークは、内側からにじみ出るような仕上がりが魅力です。クリームチークは指やスポンジを使って塗るのですが、その加減が難しいため難易度は高めでもあります。

指にとってすぐに頬に乗せるのではなく、手の甲にとって色合いを調節しながら入れていきましょう。鏡を少し遠くに置いて、バランスを見ながら入れていくとうまくいきますよ。

大人に似合うチークの入れ方

shutterstock_316729223

大人になると、どうしても肌はくすみやすくなります。昔使っていたチークが余っていても、もう一度自分の肌の色と照らし合わせて色選びから始めましょう。

自分に合う色を選び、馴染ませていきます。チークの境目をきちんとぼやかしましょう。この一手間を加えることで、ぐっと大人らしくきれいに仕上がります。チークだけが浮いてしまわないよう、面倒でもぼやかすのを忘れないでくださいね。

かわいいチークの入れ方

shutterstock_147928580

かわいく見せたいというのなら、チークを主役にしたメイクをしてみましょう。普段、チークを主役にメイクすることはあまりないかもしれませんね。ベースメイクが完成したら、1番最初にチークを入れます。ピンク系のチークをふんわりと入れることがポイントです。

チークが主役なので、アイメイクやリップは控えめにしましょうね。

チークメイク

チークブラシの使い方

shutterstock_304632626

チークを塗るとき、何を使っていますか?付属のブラシでももちろんいいのですが、やはりチークブラシを使うことをおすすめします。チークブラシを使うことでチークがきれいに発色し、ムラなく仕上げることができますよ。

チークにはパウダーやクリーム、リキッドなどの種類がありますが、チークブラシが使えるのはパウダータイプのチークです。一般的なやつですね。チークブラシにチークをたっぷりとつけ、手の甲で余分な粉を落としてから使いましょう。

チークブラシは携帯するべき?

shutterstock_244018987

メイク直しのとき、チークまで直す人は少ないかもしれません。しかし、チークによって顔の印象は変わるのです。メイク直しのときにもチークを塗り直したいところです。チークブラシは1本携帯しておくととても便利ですよ。

値段も毛の質も違うので、まずは触って試してみることをおすすめします。キャップがついているものだと、ポーチの中でも毛先が広がりません。

チークブラシの洗い方

shutterstock_370070291

チークブラシは、きちんとお手入れすれば長く使うことができます。使うたびに洗う必要はなく、汚れたら洗えばOKですよ。

洗い方は、ぬるま湯に中性洗剤を薄く溶かして、軽くふり洗いをしましょう。手で揉み洗いをする必要はありません。洗ったら洗剤が落ちるまで十分すすいで水気を切り、日陰で乾かしてください。

まとめ

いつも適当になりがちなチークですが、チークの入れ方ひとつで顔の印象はガラリと変わります。なりたい自分に近づくためにも、いくつかのチークを用意しておき、気分やシチュエーションに合わせてチークを使い分けていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

女子力up編集部

女子力up編集部

女子力upは「史上最高の私になる」をモットーにした、女子のための応援メディア。美容、ダイエット、ファッション、健康、恋愛、ライフスタイルなど、雑誌感覚で気軽に読める役立つ情報を毎日配信しています。

あなたにおすすめの記事

  • 芸能人も愛用する女子力アップアイテム!温泉水99はプチプラコスメとしても大活躍?

  • 季節の変わり目に落とし穴が?美肌になる秋のスキンケア対策まとめ

  • 肌断食したら顔がすごいことに…ニキビ・シミ・角栓の驚くべき効果とは?

  • 美容大国韓国に学ぶ!ツヤツヤ美肌を手に入れる10の秘訣

  • 顔は洗わないほうがいい?美容マニアも絶賛!朝洗顔しない美容法

  • ほっぺたのニキビが消えない…繰り返す頬ニキビを治すとっておきの方法