1. TOP
  2. 成功する断食ダイエットのやり方!週末だけ断食すれば痩せやすい体になる?

成功する断食ダイエットのやり方!週末だけ断食すれば痩せやすい体になる?

ダイエット
この記事は約 11 分で読めます。 68 Views

断食とは、文字通り食を断つということです。今の世の中は食に溢れていて、栄養価の高いものや余分なものが多く含まれた食べ物がたくさんあります。そのような食生活をしていては、あっという間に肥満街道まっしぐらとなってしまいます。

塩分や脂質など、本来あまり摂らなくて良いものばかりが増え、わたしたちの体は必要以上に栄養を摂りすぎてしまっているのです。断食は、そんな乱れた食生活によって疲れた胃腸を休ませる効果があるんですよ。今回は、効率的に痩せられる断食ダイエットについてご紹介します。

Sponsored Link

断食のやり方とは

shutterstock_316804268

健康やダイエットのために断食をしようと思う人も多いと思います。断食は危険というイメージがあるかもしれませんが、正しく行えばダイエットや健康面で多大な効果を発揮することが出来るのです。

断食が危険だというイメージがあるのは、水分も制限してしまうためです。断食は固形物を食べないだけで、水分はむしろ多めに摂らなければならないのです。ここでは、いろいろな効果のある断食の正しいやり方について、説明したいと思います。

まず断食の基本は、断食日数と同じだけの回復期が必要であるということです。実は、断食中よりもこの回復期が重要なのです。回復期を正しく行えるかどうかで、その断食が成功するか失敗するかが決まってしまうのです。一般的な断食の流れは、3日間で行います。

断食は3日以内にする

3日以上の断食は栄養面などの危険が生じますので、個人で行うことはおすすめできません。個人で行うなら、やはり短期間(3日以内)にしましょう。本格的な断食を始める前日の夜から、準備期間として断食は始まっています。

夕食は少なめにし、なるべく早めにすませておきます。断食中は、飲み物以外は口にしてはいけません。飲み物であっても、コーヒーやジュース、アルコールは摂ってはいけません。基本的にはミネラルウォーターや紅茶、生姜湯などにします。1日2リットルくらい飲むようにしましょう。

食事の代わりには、酵素ドリンクやグリーンスムージーを飲むと良いと思います。カロリーのあるものを何も飲まないよりも、適度にスムージーなどで栄養補給をしたほうがリバウンドなどのリスクを減らせるのです。そして断食終了後の回復期、これが一番大切です。

空腹と食欲のままに食べてしまうことのないようにしましょう。ドカ食いは胃に負担がかかるだけでなく、リバウンドの原因にもなります。せっかく断食で体の内側からキレイになったのに、最後にドカ食いをしてしまっては意味がありません。断食をしっかりと成功させるためにも、回復期は少しずつ食事量を増やし、良く噛んで食べることを心がけましょう。

断食の効果

shutterstock_129043178

 

ダイエット目的で断食をする人も多いですよね。断食は、摂取カロリーを減らすだけではありません。胃腸などの内臓を休ませることが出来るので、新陳代謝が良くなったり便秘を改善することも出来ますよ。つまり、断食をすることで痩せやすい体質になることが出来るのです。これは嬉しい効果ですよね。

断食中は基本的に胃の中にモノがないので、エネルギーを消費するためには脂肪が使われることになります。そのため、脂肪の燃焼効果もありますよ。ただし、長期間の断食は筋肉まで落としてしまい、逆に太りやすくなってしまうので気を付けてください。

断食をすると栄養が足りなくて免疫が落ちるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、断食をすることで免疫力を高めることが出来ます。断食は、自然治癒力で大方の病気を治せる健康法とも言われているのです。

断食のデトックス効果

shutterstock_345718829

断食の効果のひとつに、デトックスがあります。デトックスとは、体内の老廃物や有害物質を体の外へ排出することを言います。現在の世の中は、食品添加物や大気汚染など、体にとって有害となるものが溢れています。

どんなに気を付けていたとしても、これらを全く浴びずに(体にためずに)過ごすことは不可能です。それにくわえて更に女性は、便秘などで老廃物がたまりやすいです。このような老廃物や有害物質を効率的に排出する方法が、断食なのです。断食といっても、水以外のものを全く口にしないわけではありません。

デトックス目的で断食を行うのなら、食事の代わりにグリーンスムージーなどを飲むほうが効率的なのです。グリーンスムージーは緑の野菜を使ったドリンクなので、ビタミンやミネラル、酵素をたくさん含んでいます。これを摂ることで、デトックス効果がグッと上がりますよ。

デトックス効果がある理由

どうして断食をするとデトックス作用があるのでしょうか。わたしたちの体、特に胃腸の働きについて説明します。消化器官でもある胃腸の生命活動は、消化・吸収・排泄の3つです。断食をして固形物を断つことで、この活動のうち消化と吸収の2つをストップさせることが出来ます。その分、胃腸の働きを排泄のみに集中させることが出来るのです。

胃を休ませることが出来ますので、結果として腸内環境が整うというわけです。体の内側からキレイになるという言葉がありますが、この言葉はまさに断食にぴったりの言葉だといえると思います。

胃を休ませて腸内環境が整えば、老廃物や有害物質を体の外へ出すことが出来ますよね。これが断食とデトックスの関係です。このとき、腸内環境を整える手助けとなるのがグリーンスムージーです。固形物ではないので、胃腸に負担がかかることはありません。全く食べない断食よりも、グリーンスムージーを飲む断食のほうが効果的なのです。

野菜ジュースで断食ができる?

shutterstock_341403326

 

野菜ジュースは野菜がたっぷり含まれていますし、栄養価も高いです。しかし、市販の野菜ジュースはあまりおすすめできません。なぜかというと、市販の野菜ジュースは食品衛生法によって加熱殺菌が義務付けられているからです。

野菜に含まれる酵素は、熱に弱く48℃で壊れてしまいます。つまり、市販の野菜ジュースでは酵素が摂れないのです。野菜ジュースはその都度ジューサーを用いて手作りするか、酵素が生きている粉末タイプのものを使うと良いと思います。断食中に最低限の栄養を摂ることが出来る野菜ジュースは、素材や製法にこだわったものを選びたいですね。

ヨーグルト断食のやり方

shutterstock_345356885

ヨーグルトは、美容や健康によい食べ物として知られています。美容や健康のために、日々ヨーグルトを食べているという人もいるのではないでしょうか。実はこのヨーグルトを使った断食が、今、注目を集めているのです。

ヨーグルトを使った断食は、月に1度、2日間行うことが理想です。初日と2日目の2日間の食事を、毎食ヨーグルトにします。このとき、ヨーグルトは無糖のプレーンのものにし、一緒に豆乳か野菜ジュースを飲みます。ヨーグルトは150g、豆乳か野菜ジュースは200cc~400ccを目安に摂りましょう。

食事のときに食べるのはこれだけですが、ミネラルウォーターは好きなだけ飲んでかまいません。ヨーグルト断食を行うと、ヨーグルトに含まれる乳酸菌によって便秘を改善することが出来ます。それにより、美肌効果も期待できますね。

ヨーグルト断食を効果的に行う方法

短期間の断食は自律神経の働きをリセットさせることが出来、痩せやすい体質へと体質改善することも出来るのです。断食中に食べるヨーグルトは、生きて腸まで届くと言われているプロバイオティクス配合のものを選ぶと良いと思います。ヨーグルト断食を行っている2日間の栄養源は、豆乳か野菜ジュースのみです。ヨーグルトにも栄養はありますが、それだけでは足りません。

ですから、必ず豆乳か野菜ジュースを飲むようにしてください。栄養を摂らなすぎると、栄養失調になったり筋肉まで落としてしまい、断食でせっかく痩せやすい体質になったのに、また太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。そのようなことにならないためにも、しっかり飲み、断食は短期間のみ行うようにしましょう。

1日断食の効果はある?

shutterstock_272754677

 

ここでは、1日断食をするだけで得られる効果について説明したいと思います。1日断食で得られる効果にはいろいろなものがありますが、その中でもより高い効果が期待出来るのはデトックスです。

胃腸の機能である消化・吸収という活動を停止させることができるので、胃腸は排泄のみを行えば良いのです。そのため、便秘の改善はもちろん宿便の排出も可能になります。宿便の重さは人それぞれですが、多い人ではなんと2Kg以上にもなるそうです。

2Kgの宿便が排出されたら、それだけでもお腹回りがすっきりしますね。腸に老廃物や有害物質がたまっていると、体内に毒素がまわってニキビなどが出来やすくなります。1日断食をすると、これらの肌トラブルも解消されますよ。このように、1日断食をするだけでも様々な不調を改善してくれるのです。

3日間断食をするときの方法

shutterstock_376562020

断食を個人で行うときは、せいぜい3日が限度だと言われています。3日を超える断食は、きちんとした知識がないと危険です。個人で行う3日間の断食の方法について、説明していきたいと思います。

3日間の断食といっても、実際に断食をするのは1日だけ(2日目のみ)です。断食はいきなり始めても効果が半減してしまうのです。せっかくやるのですから、効果的に行いたいですよね。

そのために、断食を行う初日は準備期間とします。朝と昼は普段通りに食べてしまって大丈夫ですが、夕食は少なめにしましょう。腹八分目を目安に、和食にするとベストです。

早めの時間に食べるようにし、寝る3時間前には食べ終わらせておきましょう。そして2日目は断食本番です。決して無理をしないようにし、ミネラルウォーターはたくさん飲んでください。

断食を成功させるコツ

水以外のものを何も摂らないよりも、酵素ドリンクやスムージーなどを飲むほうが良いと言われています。そのほうが便秘の解消になりますし、リバウンドしにくくなるそうです。短期的の断食なので、スムージーなどを飲んでいれば栄養失調になることもありません。

そして3日目は回復期です。おかゆなどの消化の良いものをゆっくり良く噛んで食べます。勢い任せにドカ食いしないようにしてください。3日間の断食を成功させるには、水分をしっかりと摂ることです。

水分といっても、コーヒーやジュース、アルコールは禁物です。断食をしたあとにリバウンドを防ぐためにも、適度にスムージーなどで栄養補給を行うことをおすすめしますよ。

断食を一週間するには?

shutterstock_319467095

断食をすると生命活動の消化・吸収がストップし、生命活動は排泄だけに集中することが出来ます。体の中にある有害物質を排出することが出来るので、美肌効果も期待できますよ。そんな断食ですが、個人で行うときは3日を目安に行うようにしてください。

長期間の断食は正しい知識のもとで行わないと、逆に健康を損ねる原因にもなりかねません。断食は、正しく行えば免疫力を高めたり新陳代謝を良くすることが出来ます。

しかし間違った知識で行うと、栄養不足になったり体や内臓に負担がかかったりしてしまいます。ですから、3日以上の断食をするときには断食道場などの専用の施設で行うようにしましょう。

知識の豊富な専門家もいますし、万が一の事態に備えて医療機関と連携している施設も多いです。断食の最大の目的である健康に害がないように配慮してくれているのです。では、実際に一週間断食をするときの流れを見てみましょう。

断食は回復期が重要

一週間断食をすると言っても、本格的な断食をするのは初めの3日間だけなのです。初めの3日間は、酵素ドリンクや生姜湯などを飲みながら過ごします。もちろん水分は摂らなければいけませんから、ミネラルウォーターは好きなだけ飲んで大丈夫です。

どうしても空腹に耐えられなくなったら、酵素ドリンクや生姜湯を飲むといった感じです。初日はそれほど難なく耐えられるのですが、2日目と3日目は空腹との戦いになるそうです。あまりにも空腹を感じると気持ち悪くなったり吐き気が起こることもあります。

そして4日目から7日目までは回復期と呼ばれる期間です。断食をするとき、最も大切なのがこの回復期なのです。回復期をしっかり行わないとリバウンドをしたり、内臓に負担をかけることになります。基本的に断食は、断食期間と同じだけの回復期が必要なのです。

一週間断食をしたときのダイエット効果は、だいたい体重だと2Kg減くらいです。たった2Kg?と落胆してしまうかもしれませんが、免疫力が高まったり痩せやすい体になったりと、断食には嬉しい効果がたくさんありますよ。

週末断食がおすすめ?

shutterstock_324342278

断食は、仕事が休みの週末に行うことが理想です。土日が休みの人なら、金曜の夜から始めると良いと思います。なぜかというと、断食中はどうしてもエネルギー不足になります。そのため、クラクラしたり眠くなったり集中力が続かないなどのトラブルを招くことも多くなります。

仕事中にこのような症状が現れてしまっては、仕事に支障が出ることは間違いありませんね。付き合いなどでお昼を食べに行くこともあるかもしれません。そのようなことを考慮すると、日常生活に支障が出ない週末(仕事が休みの日)に行うことが理想とされているのです。

週末に行うと生活リズムを壊さずに行えるというのも、週末断食をおすすめする理由のひとつです。では、具体的にどのように行えば良いのでしょうか。やり方を見ていきましょう。

週末断食のやり方

まず金曜日を予備日とし、夕食から翌日の断食に向けて準備を始めます。金曜日の夕食は少なめにし、出来るだけ早いうちにすませておきましょう。そしてこの日から、アルコールやタバコはやめましょう。断食当日(土曜日)は、基本的に固形物は口にしません。

ミネラルウォーターは好きなだけ飲んでかまいません。ミネラルウォーターは、最低でも2リットルは飲むようにしてください。完全断食よりも、野菜ジュースやグリーンスムージーなどを食事の代わりに飲むほうがおすすめです。そのほうが断食のデトックス効果をあげることが出来、リバウンドのリスクを減らすことも出来るのです。

日曜日は復食期間です。朝は消化の良いおかゆを少しだけ食べます。このとき、朝から普段通りの食事を摂ると胃腸に負担がかかります。おかゆが好きではなくても、必ずおかゆから始めましょう。この回復食をきちんとしないと、リバウンドする可能性が高くなるので注意するようにしましょう。

まとめ

shutterstock_274055360

断食はダイエット効果だけではなく、女性にとって嬉しい効果もあります。むやみに断食をするのではなく、計画的に少しづつやっていくことで断食を成功させることができるのではないでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子力up(アップ) | 史上最高の私になるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

女子力up編集部

女子力up編集部

女子力upは「史上最高の私になる」をモットーにした、女子のための応援メディア。美容、ダイエット、ファッション、健康、恋愛、ライフスタイルなど、雑誌感覚で気軽に読める役立つ情報を毎日配信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 魂レベルでつながる運命の相手とは?ツインレイの男性の特徴

  • 魂レベルで引かれ合う運命の人?あなたがツインソウルに出会う時期

  • 恋愛運がないと感じたら?今すぐ恋愛運気をアップさせる9つの方法

  • 既婚者に片思い中。不倫が本物の恋愛に発展する可能性はどのくらい?

関連記事

  • 夜中にお腹が空いたら?夜食には太らない●●を食べてダイエットに挑戦!

  • 小顔になる11の方法!マッサージ・ツボ・髪型・メイク・エステetc

  • 痩せたいのに食べちゃう!ダイエットできない人のための減量方法8つ

  • 今さら聞けない?糖質カットダイエットやり方まとめ!

  • 女優さんも愛用!お風呂ダイエットで浴槽がエステサロンに早変わり?

  • 秋のダイエットといえばコレ!味覚の秋はキノコダイエットで痩せる?